職場環境&人間関係が良好に!? 仕事中のストレスを素早く解消する方法

整える

2017.10.4 text by:KOIURA HARIKU

職場環境&人間関係が良好に!? 仕事中のストレスを素早く解消する方法

現代の女性が一番ストレスを感じるシーンと言えば、何と言っても仕事関係ですよね。責任や人間関係など、職場にはストレス因子がいっぱい。何かとイライラしたりモヤモヤしたり、ときには胃がキリキリしたりしていませんか? そんな状態が続けば、重大なミスや対人トラブルを誘発してしまうかも。パフォーマンスを上げるためにも、自分に合ったストレス解消方法を取り入れましょう。

ToDoリストと小さなご褒美で日々のストレスを解消

始業前に、付箋を使ってその日の達成目標をいくつか書き出して、目につきやすい場所に貼っておきます。ポイントは、ざっくりとした大きな目標を立てないこと。達成できないような目標は、かえってストレスになることがあります。「午前中に◯◯さんにメールする」「午後3時までに△△の準備をする」など、小さく細かな目標を立て、達成したら付箋を剥がしましょう。

達成できなかった目標は翌日のToDoリストの一番上に持ち越せばOK! 例えストレスを感じても、小さな達成感を得ることで緩和できるはずです。目標をすべて達成できた日にちょっとしたご褒美を設けてあげるのも効果的!

トイレがリフレッシュ空間に! 1分間の簡単ストレッチでストレスを解消

トイレの個室の中で誰にも気付かれずにできる簡単なストレッチを紹介。
  • 深呼吸しながら、力を入れずにゆっくりと首をまわす。
  • 肩甲骨を動かすイメージで左右の肩をまわす。
  • めいっぱい背伸びをしてから、力を抜く。

たったこれだけで、じんわりと血流がアップしてシャキッとします。さらに、ストレスや疲れがピークに達している人は、このストレッチをするだけで視界が広がって明るくなるような感覚を味わうかもしれません。

仕事中に座りっぱなしで緊張状態が続くと頭だけでなく体もストレスを感じやすくなるので、気分転換も兼ねてこまめにトイレに行くよう心がけましょう。

ガムを噛むだけでOK! ストレスは“セロトニン”の分泌で解消できる

セロトニンとは、心身の安定に欠かせない三大神経伝達物質のひとつ。幸せホルモンとも呼ばれていて、セロトニンが不足するとストレスを感じやすくなるそう。

そこでおすすめなのが、ガムを噛むときに起こるリズミカルな振動(咀嚼)でセロトニン神経を活性化すること。心身がリラックスすると同時に、集中力アップ、やる気向上などの効果が望めます。仕事中にガムを噛めない人は、昼食をよく噛んで食べるよう心がけてください。

イライラしたら特効穴を刺激! ストレス解消に効果的な5つのツボ

仕事中でも簡単に刺激できる手のツボを紹介。『5秒間優しく押してゆっくり離す』を3回繰り返して、ササッとストレスを解消しましょう。

  • 手心(しゅしん):手のひらの中心になるくぼみ。体に活力を与えて前向きな気分に。
  • 神門(しんもん):手首内側の横ジワの上、小指側の少しくぼんだところ。イライラした気分を鎮めてくれる。
  • 中衝(ちゅうしょう):中指爪の根元の人差し指側。イライラや集中力の散漫に効果的。
  • 関衝(かんしょう):小指爪の根元の薬指側。自律神経に作用するツボ。ストレスや疲労を感じたときに◎
  • 合谷(ごうこく):手の甲の親指と人差し指の骨の合流地点にあるくぼみ、人差し指の骨の内側あたり。様々な症状に対処できる万能のツボ。
※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード