食べてストレス解消!? イライラを軽くする栄養素&食べ物

食べる

2017.10.18 text by:KOIURA HARIKU

食べてストレス解消!? イライラを軽くする栄養素&食べ物

当たり前のことですが、ストレスを感じなくなる食べ物は存在しません。そんな食べ物を発見&開発したら世界平和だって夢じゃないはず。ここで提案するのは、食べ物でストレスによる心と体の負担を減らすこと。ストレスを感じた瞬間に食べるのはもちろん、日常的にストレス解消食品を取り入れるように心がけましょう。副交感神経をしっかり刺激するなら、サプリメントよりも食事で補うのがオススメです。

日常的な食事に、ストレスを軽減する栄養素&食べ物を取り入れる

ここで紹介する栄養素が不足するとストレスを感じやすくなるのはもちろん、自律神経の乱れなどを引き起こすことも。さらに、これらの栄養素はストレスが溜まるとどんどん減少してしまうそう。ストレスが多い人は意識的に補いましょう。

■ビタミンC
フルーツ、パプリカ、ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、モロヘイヤなど

■ビタミンB群
大豆製品、豚肉、アボカド、玄米、海藻など

■ビタミンE
アーモンド、豆類、青魚、魚卵など

■カルシウム
乳製品、小松菜、小魚など

■たんぱく質
肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品など

■マグネシウム
ナッツ類、きなこ、ひじき、ごま、玄米、バナナ、ほうれん草など

暴飲暴食を阻止! ストレスによる過剰な食欲を抑える栄養素はコレ!

『ビタミンA』、『ビタミンC』、『オメガ3脂肪酸』。

この3つはコルチゾールの分泌を抑える栄養素。コルチゾールとはストレスを感じたときに体を守ってくれるホルモンで、ストレス軽減にとても大切なホルモンなのですが、コルチゾールが増えすぎると食欲を抑えるセトロニン(別名:幸せホルモン)が分泌されにくくなって、暴飲暴食につながるそう。

食欲が抑えられなくなりそうなときは、ビタミンA・ビタミンC・オメガ3脂肪酸を含んだ食べ物を選ぶようにしましょう。オメガ3脂肪酸はDHAやEPAを多く含む青魚、シソ、くるみなどで摂取できます。

なお、砂糖・炭水化物・コーヒーの過剰摂取はコルチゾールの分泌量が増えるので注意! ほどよく食べる分には問題ありません。

ストレス解消に効果のある最強のおやつは『チョコ』『ナッツ』『フルーツ』

嫌なことがあったときに、ササッと食べられるおやつを紹介。食品用の密封バッグや小さな容器に入れてバッグやデスクに忍ばせておきましょう。ちょっとずつ食べることで、気分が安定するはずです。

■チョコレート
カカオ含有量70%以上のダークチョコレートや天然アミノ酸のひとつであるGABA(ギャバ)を含むチョコレートがオススメ。GABAには気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用が期待できます。

■ナッツ
特に、ストレスによって失われやすいマグネシウムやオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているクルミが◎! あらかじめ砕いておくと、どんなときでも食べやすいかもしれません。サラダなどの食べ物にかけるのもオススメ。

■ドライフルーツフルーツ
マグネシウムやカルシウムが手軽に取れる上に、ドライフルーツに含まれる抗酸化成分がストレスによる体の酸化を防いでくれます。オススメは、いちじく、レーズン、プルーン。ただし、甘い物を大量に食べるとストレス解消には逆効果。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード