リラックス効果を見える化! 禅×脳科学から生まれたマインドフルネス・アプリ「MYALO(ミャロ)」

見つける

2017.10.24 text by:水谷 花楓

リラックス効果を見える化! 禅×脳科学から生まれたマインドフルネス・アプリ「MYALO(ミャロ)」

日本でもマインドフルネスへの注目が日増しに高まる中、さまざまなアプリが登場しています。なかでも、座禅の手法に最新の脳科学の知見を加えて誕生したアプリ「MYALO(ミャロ)」が話題です。単にマインドフルネスな状態へ導くだけでなく、心拍計測やミニゲームによって、自分のリラックス度が数値として目に見えるというユニークなプログラム、一体どんな内容なのでしょうか!?

禅×脳科学=あなたをマインドフルネスへ導く、全く新しいトレーニングアプリ

マインドフルネスとは、「今、ここで起こっていること」に集中し、感情や思考に邪魔されることなくリラックスした状態でいること。日本で古くから親しまれている座禅がルーツともいわれています。マインドフル・トレーニングアプリ「MYALO」は、そんな禅の手法が最新の脳科学によって改良され生まれました。さらには、禅僧、医学者、起業家、登山家、クリエーターなど、さまざまな業界のプロフェッショナルたちがプロジェクトメンバーとして参加、マインドフルな状態を追求する内容となっています。

全部で56のセッションがあり、徐々にステップアップしていくことで、段階的にマインドフルな状態へと導いてくれます。(一部有料コンテンツあり)セッションを選択するとタイマーが表示され、トレーニングがスタート。「イメージをふくらませていくトレーニング」「呼吸に集中するトレーニング」など内容はセッションごとに異なり、音声ガイダンスに従っていくだけで、いつでもどこでもマインドフルネスが実践できるという流れです。

心拍数を計測して、トレーニング前後のリラックス度が目に見えてわかる

マインドフルネス・アプリ「MYALO(ミャロ)」のキャプチャ

このアプリの特筆すべき点は、リラックス度が見える化できるということ。iPhoneのインカメラに自分の顔が写るようにしてスタートボタンを押すと、心拍数が測定、表示されます。セッション終了後に再度測定することで、トレーニングの効果が検証できるという仕組みです。

また、56のセッションのほかに3種類の脳トレミニゲームがあり、脳の準備運動をしながらマインドフル度が測定できます。自分のマインドの変化が可視化できるので、楽しみながらトレーニングに取り組めるのが魅力です。

続けることでストレスが軽減、雑音が消えて目の前のことに集中できるように

実際にアプリを使ってみると、はじめはなかなかトレーニングに集中できなかったのが、次第にすんなり集中できるように。正直毎日は取り組めずサボった日もありますが、トレーニングを続けていくとマイページ内の階級が徐々にアップしていき、セッション内容も進化していくので、取り組むたびに新鮮な体験ができます。また、レベルが上がると称号が貰えるという点も、継続したくなる秘訣です。

これまでは、常に頭の中でいろいろな考え事をしてしまい、脳が休まる時間がないと感じていましたが、「MYALO」でトレーニングを行うようになってからは、目の前のことだけに集中できるように。日々の慌ただしさから感じていたストレスも軽減した気がします。

さまざまな情報や感情に支配されて頭の中が疲れていると感じている人は、ぜひ「MYALO」でマインドフル・トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

MYALO 〜禅(瞑想)を科学して生まれたマインドフル・トレーニング〜

対応端末:iOS
価格:無料 ※アプリ内課金あり

https://itunes.apple.com/jp/app/myalo-chan-ming-xiang-wo-ke/id1040485270

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード