マインドフルネス瞑想の効果って? 幸せな気分が続きやすいって本当?

整える

2017.10.26 text by:富永明子

マインドフルネス瞑想の効果って? 幸せな気分が続きやすいって本当?

「マインドフルネス」というキーワードが広まるにつれて、「瞑想の時間を持つと、心穏やかになるらしい」ことは、なんとなく知っている人も多いでしょう。でも、具体的にどんな気分を得られるのでしょうか? 不安になりやすい、イライラすることが多い、人目が気になるなど、精神的ストレスを抱えた人にこそオススメしたい、マインドフルネス瞑想の効果を教えます。

負の感情にとらわれがちな人ほど、マインドフルネスが必要

今さら気に病んでも仕方がないとわかっていても、過去を振り返ってくよくよしてしまう。嫌なことが頭をぐるぐると巡り、わざわざ考えたくないのに止まらない。未来のことはわからないのに、想像して不安を募らせる。そんな思考にとらわれること、ありますよね?

そういったネガティブな思考で頭の中がいっぱいになっていると、「今この瞬間」に自分が何を感じているか、自分の心の中にある本当の気持ちがつかめなくなります。つまり「本来の自分」が持つ軸が、わからなくなってしまうのです。そんな人にこそ、マインドフルネス瞑想が必要です。

瞑想は日常生活に、簡単に取り入れられる!

過去でも未来でもない「今、ここにある私」に意識を向けるための、瞑想を主としたトレーニングがマインドフルネス瞑想です。姿勢を正し、自然な呼吸を意識する時間を繰り返すうちに、頭をよぎる雑念を追い払い、静かで落ち着いた心を手に入れることができるのです。

マインドフルネス瞑想は、できるだけ静かな場所で行うのがベターですが、慣れてくれば電車のなかでも、食事中でも、踊りながらでもおこなうことが可能。椅子に座ったり、ベッドに寝転んだり、楽な姿勢で行うことができる、気軽に始められるものなのです。

マインドフルネス瞑想で、幸せ気分が続く理由とは

マインドフルネス瞑想をしている様子

では、瞑想によって「幸せな気分が続くようになる」とは、具体的にどういうことなのでしょうか。

瞑想によって、心の中にうずまく不安やイライラなどの負の思考が鎮まると、本来のあなたが抱いている感情や感覚に気づけるようになります。自分に対して素直になれるので、自己肯定感が高まります。それによって、他人も広く受け入れられるようになり、思いやりのある人間関係を築けるでしょう。

嫌なことや不安があっても、瞑想することで「ストレスにとらわれていない時間」が作れるので、嫌なことにとらわれず、流すことができるようになります。瞑想を重ねるうちに、同じようなことが起きても、以前より気にならなくなった自分に気づくはずです。

姿勢がよくなって、活力がアップする効果も!

瞑想を続けることで、ほかにも嬉しい変化があります。それは体の軸もまっすぐに整い、姿勢がよくなって、歩く姿や座る姿が美しくなること! さらに、瞑想することで脳内ホルモン「セロトニン」が増えるとも言われています。セロトニンは別名・幸せホルモンと呼ばれ、多く分泌されると心が落ち着き、満足感や充足感を得やすくなります。

ストレスや不安から解放され、穏やかな気持ちを手に入れることで、幸せ気分が持続するマインドフルネス瞑想。一度、試してみませんか?

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード