運動が最も効果的かつ健康的にストレスを解消できる、その理由とは?

整える

2017.11.12 text by:KOIURA HARIKU

運動が最も効果的かつ健康的にストレスを解消できる、その理由とは?

様々な対人関係や仕事からのプレッシャー、日々のあらゆる出来事から、頭ではよくないとわかっていても、イライラしたり、衝動的になったり、意欲がわかなかったりと自分をうまくコントロールすることができなくなるのがストレスです。

ストレス解消に効果のある食べ物や入浴法など、心と体をていねいにケアする方法はたくさんありますが、正直なところ、実践するのは面倒、なかなか効果を実感できない!という声があるのも事実。そんな時はまず、立ち上がって体を動かすことからはじめましょう! 今回は運動とストレス解消の関係について紹介します。

理由① 軽い運動でストレス解消ホルモンが分泌される!!

私たちの精神安定や多幸感は、セロトニンやエンドルフィンなどの神経伝達物質によってもたらされています。

■セロトニンとは
意欲・自発性を向上させたり、不安・恐怖・痛み・怒りを制御したり、気分や感情をコントロールするホルモン。別名『幸せホルモン』とも呼ばれている。セロトニンは体内時計や自律神経の調整にも関連するため、心身の健康を左右する重要な存在。
セロトニンを効率良く増やすためには、日光浴、リズム運動、スキンシップ、タンパク質を含むバランスのよい食事が大切。

■エンドルフィンとは
痛みの緩和、免疫力アップ、リラックス効果など、気分をよくするホルモン。『脳内麻薬様物質』とも呼ばれ、モルヒネの6.5倍の鎮静作用があるといわれる。ストレスや疲労でエンドルフィンの分泌量が減ると、代わりにノルアドレナリンという興奮ホルモンの分泌量が増え、常に不安や興奮を感じるように。
エンドルフィンを増やすためには、軽い運動、睡眠、入浴、性行為、タンパク質を含むバランスのよい食事が効果的。

ストレス解消に欠かせないセロトニンとエンドルフィン。この2つをを同時に増やすにおすすめなのが『運動』、もしくは『タンパク質を含むバランスのよい食事』です。ウォーキングなどの日常生活の中で行える軽い運動なら、時間や場所、道具を気にせず取り入れられるので、ぜひ積極的に増やしていきましょう。

理由② 軽い運動で心と体のコンディションが整う!!

疲れているときはどうしてもタクシーやエスカレーターを使いたくなりますよね。でもそれ、損しているかも!? 実は、徒歩&早歩き程度の有酸素運動にはたくさんの疲労回復効果とストレス解消効果があるのです。

『中低度の有酸素運動による主な効果』

1、各器官の働きが向上
→運動によって酸素供給量が増えると各器官の機能が高まって疲労回復効果がアップする。

2、疲労物質を分解
→血流がよくなり、血液中に溜まった乳酸や二酸化炭素の回収&分解が速くなる。

3、セロトニンの増加
→心身に掛かるストレスが減って前向きな気持ちに。セロトニンだけでなく、セロトニンの前駆体であるトリプトファンも運動によって増える。

4、エンドルフィンの増加
→免疫力がアップ。心身もリラックスした状態に。

5、成長ホルモンの分泌を促す
→意欲向上や疲労回復などに作用。

6、ストレスホルモンの分泌を安定させる
→コルチゾール(ストレスに反応して分泌されるホルモン)を減らして、セロトニンや成長ホルモンの分泌を促す。

近年、これらの効果を取り入れた“アクティブレスト”という疲労回復法が注目されています。『疲れているときこそ、軽く体を動かして心身のコンディションを整える』。従来とは真逆の考え方のようにも思えますが、とても効果的なリフレッシュ方法なのでぜひ試してください。

理由③ 運動を続けると、ストレスを感じにくい心と体に!

運動は、ストレスを解消するだけでなく、ストレスに強い心身をつくる上でも効果的です。
日常的に運動を続けるとセロトニンやエンドルフィンが安定供給され、ストレス&疲労解消力がアップします。大切なのは続けること。バレリーナやピアニストが日々練習を重ねるのと同じで、私たちは運動を続けることで精神的にも肉体的にも強く美しくなるのです。
通勤時に15分程度ウォーキングする、駅の階段を使うなど簡単なことでOK! 特に運動不足の人は毎日少しずつでも運動を続けて、ストレスに強い体を育みましょう。

理由④ 運動をすると安眠でき、ストレス解消効果がアップする!

よく眠ることはストレス解消にも疲労回復にも効果的です。しかし、布団に入ってからイライラしたりあれこれ考えたりしていると、寝つきが悪くなり、眠っているあいだも脳は考え続けます。そのせいで眠りが浅くなり、何度も目が覚める、長く眠れない、眠ってもスッキリしない、ということに。睡眠不足が続けば、ますますストレスや疲労を感じやすくなるという悪循環にハマってしまいます。
運動には、心地よい肉体疲労とホルモンの分泌によって睡眠障害を改善する効果があります。ストレスを感じている人はもちろん、睡眠に悩みがある人も、ぜひ軽い運動を日々の習慣として取り入れましょう。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード