伝統に裏付けられた新しさ。デトックスや癒やしを求めて注目を集める、パリで人気のKUSMI TEA

見つける

2017.11.15 text by:Tonoel編集部

伝統に裏付けられた新しさ。デトックスや癒やしを求めて注目を集める、パリで人気のKUSMI TEA

可愛いデザインのパッケージが目を引くKUSMI TEA。創業150年という伝統に裏付けられた正統派のトラディショナル ティーから、デトックスやダイエットに効果があると言われるマテ茶などをブレンディングしたウェルネス ティーまで、バリエーションは40種以上。最近オンラインブティックもオープンし、より身近になった美味しいティーをご紹介します。

伝統を大切にしながらも時代のニーズを取り入れた、一日を通して楽しめるティー

KUSMI TEAの商品たち

KUSMI TEAの創業は、今から150年前。ロシアの農家の長男として生まれたパヴェル・ミハイロビッチ・クスミチョフがお茶商人としての才能を認められ、1876年にサンクトペテルブルグでお店を開店したのがはじまりなのだそう。その後、紆余曲折を経てパリに拠点を移し、今や世界中にファンのいるプレミアム ティー メゾンとなりました。KUSMI TEAが長い歴史の中を通して人々に愛され続けられるのは、伝統の中で育まれた独創的なレシピを大切にしながらも、同時にその時代の人々のニーズに合った革新的なティーを創り出しているため。朝は、一日を元気に始められるパワーをもらえるティー。日中は、気分を変えたり、デトックスを意識したり、就寝前にはリラックスのためのティーを楽しむ。KUSMI TEAは、一日を通して楽しめるティーなのです。

Wellness Blends―現代人のニーズに寄り添ったウェルネス ブレンド

KUSMI TEAのWellness Blendsシリーズ

伝統的なティーに加えて人気を博しているのが、このWellness Blendsのシリーズ。心身の健康に良いとされている原料を取り入れた、革新的なティー。毎日を快適に過ごすために、目的に合わせて“Detox”や“Be Cool”など数種類取りそろえて、その時の気分に合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

Detox【 デトックス】

KUSMI TEAのDetoxの写真

マテ茶をベースに緑茶とレモングラスをブレンドした爽やかな味わい。楽しい時を過ごすのに最適なこのティーは、美しい身体のために理想的なブレンド。まさに身体の中を洗い流すような気分を味わうことが出来ます。

BB Detox【 BB デトックス】

KUSMI TEAのBB Detoxの写真

緑茶、マテ茶、ルイボスティーをベースにガラナとタンポポをブレンドし、グレープフルーツフレーバーを効かせた身体の中から美しくなる「Beauty Beverage」。美しい毎日のためのパーフェクトなブレンド。

Be Cool【ビー クール】

KUSMI TEAのBe Coolの写真

ストレスフルで忙しい毎日の中で心安らぐひと時が欲しい時、植物の優しいアロマとリコリスやペパーミントの爽やかなアロマが、疲れた心に静けさと落着きをもたらしてくれます。

Exclusive Blends―KUSMI TEAのルーツ。伝統的なエクスクルーシブ ブレンド

KUSMI TEAのエクスクルーシブ ブレンドの写真

KUSMI TEAのルーツとも言える伝統的なエクスクルーシブ ブレンドには、“アナスタシア”や“サンクト ペテルブルク”など、ロシアにゆかりのある名前が付けられています。 “アナスタシア”は、ロマノフ朝時代の皇女のストーリーからインスピレーションを受け、ベルガモット、レモン、ライム、オレンジが香るフレーバー。クスミティー生誕の地でもある古都“サンクト ペテルブルク”にちなんだこのティーは、アールグレイにキャラメル、レッドフルーツ、バニラフレーバーが印象的です。想像しただけで美味しそうですね。レモンやライムの香りは、少々疲れたときでもスッキリして、良い気分転換になります。

一緒にそろえたくなる、愛らしいデザインのマグカップやポット

KUSMI TEAのマグカップの写真

KUSMI TEAと言えば、まずその缶のデザインに目を奪われますが、ティーアクセサリーのラインナップも魅力的。ロシアのアイコン、マトリョーシカをあしらったマグカップも可愛らしく、ティータイムがさらに楽しいひとときになりそう。ティースプーンやポット、インフューザー(茶葉を入れてお湯に浸してティーを抽出する小物)などもそろえて、より素敵なティータイムを演出してみてはいかがでしょうか?

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード