キレイを応援するデトックスの基本的な方法とは? 押さえておきたい3つのポイント

整える

2017.11.16 text by:Makiko Sakai

キレイを応援するデトックスの基本的な方法とは? 押さえておきたい3つのポイント

体の中に蓄積した毒素を排出する健康法「デトックス」。よく耳にする言葉ですが、具体的な方法となると迷う人も多いのではないでしょうか。「初めてだからどうしたらいいのかわからない」。そんなデトックス・ビギナーこそ知っておきたい、デトックスの方法における3つのポイントをご紹介します。

【1】胃腸を休ませて老廃物を出しきると嬉しい効果がたくさん

お腹の前でハートマークを作っている様子

規則正しい食事は、健康的な毎日のために欠かせないものです。とはいえ、本当はお腹が空いていないけれど食べていたり、ストレス発散のために食べたりすることは誰しもあるのではないでしょうか。

胃腸は、必要以上の栄養を摂取すると、休みなく働き続けることになります。また、不安定な生活習慣が続くと、腸内に悪玉菌が増えてしまうことも。そこで取り入れたいのがデトックスです。疲れた胃腸を一時的に休ませて老廃物を出しきると、女性に嬉しい効果がたくさん。胃腸は本来持っている働きを取り戻し、血流がよくなることで免疫機能が向上します。また、腸を休ませることで腸内環境が改善されるため、便秘の解消も期待できます。便秘が解消されれば肌の調子もよい状態へ向かいます。

【2】専門店が増殖中のコールドプレスジュースで「ジュースクレンズ」

クレンズジュースの写真

胃腸を一時的に休めるデトックス方法の一つは、初心者でも始めやすいジュースクレンズです。「クレンズ」とは、「浄化」を意味する言葉。近年、話題のコールドプレスジュースを飲むことで、体の中をクレンズするのです。

一般的なミキサーでつくるジュースやスムージーとは異なるので注意してください。コールドプレスジュースは、低速でミキサーを回転させるコールドプレス製法でつくられているので、必ず専門店で買い求めましょう。野菜や果物が持つ熱に弱い栄養素も含めて丸ごと摂取できるのが大きな魅力です。

ジュースクレンズを実践している間は、固形物を一切摂りません。そのため、ふだんは消化吸収で忙しく働く胃腸を一時的に休ませることができます。注意点は決してやりすぎないこと。ジュースクレンズは、体の変化に耳を傾けながら長くても3日で終わらせましょう。

【3】食事を摂らずに胃腸の疲れをやわらげる“プチ断食”

口にテープを貼っている女性の写真

デトックスの方法として注目が集まっているのが、「夜だけ」「朝だけ」といった限られた時間だけ行う“プチ断食”です。食事を摂らずに、飲み物だけで半日程度を過ごすことで、胃腸の疲れをやわらげます。

“プチ断食”は排泄作用が高まるため、体内の余分な水分を外に排出しやすくなる効果があります。また、体はエネルギー不足になると余分な体脂肪を分解し始めるため、ダイエットという点でも嬉しい効果が期待できそうです。

“プチ断食”では食事は摂りませんが、無理をせず水分は補給します。飲み物は、ハーブティーやしょうが紅茶などがおすすめです。

実践するときのポイントは、必ず半日程度にとどめること。体は、エネルギー不足の状態が長く続くと、体脂肪だけでなく筋肉の分解を始めてしまいます。体調を客観的にチェックして慎重に取り組みましょう。

意識的に胃腸を休めることで「意外に食べなくても大丈夫」と気付くことがあるかもしれません。そうすれば、“プチ断食”後の食事量にもよい影響がありそうです。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード