いちど使ったら、もう手放せない?! オーガニックコットンのナプキンに注目

見つける

2017.11.19 text by:Kei Yoshida

いちど使ったら、もう手放せない?! オーガニックコットンのナプキンに注目

ここ最近、日本でもデリケートゾーンケアへの関心が少しずつですが高まってきています。中でも布ナプキンやオーガニックコットンを使用した生理用品の需要はかなり増えてきている様子。生理用品によるムレやかぶれ、痒みは、ただでさえ落ち気味な月経期間の気分をさらに憂鬱にする大きな要因です。ところが、その症状が、オーガニックコットンのナプキンに変えただけで軽減されたという声が多いのです! 大切な肌に直接触れる生理用品ですから、自分に合うものを見つけたいですね。

ヨガやスポーツをする時も安心して使える生理用品!〈ナトラケア〉

ナトラケア ウルトラパッドの写真

ナトラケア ウルトラパッド スーパープラス 12個入り(羽なし)¥680、ロング 8個入り(羽付き)¥620/おもちゃ箱
※このほか羽付きふつうの日用、多い日用、羽なしの厚みタイプ、パンティーライナーあり。

1989年に、世界初のオーガニック&ナチュラルの生理用品メーカーとしてイギリスに誕生したパイオニアブランド〈ナトラケア〉が、ついに11月18日(土)待望の日本上陸! コスメキッチンで販売がスタートします。

ブランド創立者、スージー・ヒューストンは環境保護活動家。彼女自身が従来の生理用品に満足していなかったこと、また日々使い捨てられる大量の生理用品が環境問題に及ぼす悪影響を解決したい! と考え、オーガニックコットンと自然素材でつくる生理用品を生み出すに至りました。

肌に触れる部分はオーガニックコットン100%、その他の部分も石油由来の化学繊維を使わず、生分解(バクテリア、菌類、その他の生物によって化合物が無機物まで分解されること)が可能な植物由来素材を使用。漂白剤も塩素を一切使わない「無塩素漂白」を採用、生理用品本体はもちろん、個包装資材から外箱まで、石油由来のプラスチックを一切使用しないという徹底ぶりです。

またオーガニック先進国イギリスで30年近い歴史を持つブランドだけに、機能性の高さは折り紙つき。植物由来の経血吸収剤を使いながら「薄さ」もカバー。テープの粘着力を高めることで下着にしっかりとフィットし、ヨガやスポーツなどアクティブなシーンでも安心して使えます。月経期間も休んでいられないという人におすすめです。

ふかふかの肌触りにこだわる、うさぎマークの〈コットン・ラボ〉

コットン・ラボ オーガニックコットンナプキンの写真

コットン・ラボ オーガニックコットンナプキンノンポリマー20個入り(羽なし・ふつうの日用)、18個入り(羽付き・ふつうの日用) ともにオープン価格/コットン・ラボ株式会社

ふかふかとした優しい使用感が特徴の〈コットン・ラボ〉。

「商品で特にこだわっているのは、肌当たりの良さを追求したやわらかな表面シートと、シンプルな形状です」(コットン・ラボ広報・道岡さん)
表面(トップ)シートをやわらかくしたことで、あえて長時間の使用や激しい動きへの対応は優先させていないのは「生理の時こそ心地良いものに包まれて、ゆっくり過ごしていただきたい」という理由から。

羽なしタイプは、ナプキン全体を表面シートで包んだシンプルな短冊形。肌に当たる部分にはすべて無農薬有機栽培のオーガニックコットンを使用しています。サイドギャザーをなくし、肌に当たってチクチク、ヒリヒリするなどのストレスを感じない仕様に。
羽付きタイプの羽部分は、通気性の良さを第一に考えたこだわり素材を採用。スパンボンドという、やわらかな生地を使うことで羽によるストレスのないやさしい肌あたりを実現しました。もちろん、トップシートには無農薬有機栽培のオーガニックコットンを使用しています。

パッケージに施されたうさぎのイラストもかわいいと好評。ドラッグストアやコンビニエンスストアで販売しているため、手に入りやすいのも嬉しいポイントです。

スタイリッシュなデザインで気分も上がる

sisiFILLE サニタリーパッドの写真

sisiFILLE サニタリーパッド 23.5cm 16個入り¥600(3個入り¥200)/パノコトレーディング
※このほか羽なし21㎝、羽あり29cm、パンティーライナーあり。

日本で生産している生理用品の中で、初めてオーガニックコットンをトップシートに使用したのが、この〈sisiFILLE(シシフィーユ)〉です。

使用しているオーガニックコットンは、「bioRe Project (ビオリプロジェクト)」という先進的なプロジェクトの元で生まれたタンザニア産のもの。オーガニックコットンを買い取ることで現地女性の就労や子供の教育、有機農業のサポートなど様々な支援ができる取り組みです。

またその品質も折り紙付き。吸収体には石油化合物の吸収ポリマーの代わりに、森林認証(PEFC・SFI)のある木材パルプを使用。繊維製品の安全認証である「エコテックス規格100」でも最高レベルの「クラスI」認証を取得しており、“乳幼児が口に入れても安全でなければいけない”という高い基準を満たしています。

さらに、これまでの生理用品とは一線を画す洗練されたビジュアルは、グラフィックデザイナー・田部井美奈さんの手によるもの。「中身へのこだわりはもちろんですが、女性向けの製品だからこそ手に取った時の印象、パッケージの美しさも大切にしています」(パノコトレーディング企画/広報・本田さん)

機能性もさることながら、見た目からして気分が上がる生理用品。買うことがちょっと嬉しくなるなんて、新しいですよね。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード