効果あり?マインドフルネス瞑想を取り入れたライターに起こった変化とは?

整える

2017.11.27 text by:富永明子

効果あり?マインドフルネス瞑想を取り入れたライターに起こった変化とは?

マインドフルネス瞑想の時間を持つと、穏やかな気持ちになり、集中力が高まるらしい……そう漠然と知っていたものの、心のなかには「ただ座っているだけで、本当にそんな効果があるの?」と疑わしく思う気持ちがありました。でも、ある日ふとしたことから瞑想習慣を持つことになり、気持ちが変わっていきました。今回は、マインドフルネス瞑想を実践したことで得た変化についてお伝えします。

抑うつ状態からマインドフルネス瞑想を実践するまで

頭を抱える女性の写真

ライターである私がマインドフルネス瞑想を試してみようと思ったのは、ある日「自分の感情が感じ取れなくなっている」ことに気づいたからでした。ちょうどネガティブな出来事が振りかかり、自力でコントロールしようと躍起になっていた時期です。人に救いを求められず、自分の心に蓋をして、平気なふりを続けてきました。

その結果、私を待っていたのは抑うつ状態でした。好きだったことが「楽しい」と思えなくなり、その時に自分が何を食べて、誰といたくて、どんなことをしたいのかもわからない。喜怒哀楽の感情が希薄で、何事も自分のせいにして責めてしまい、憂うつで悲しい気分がつきまとっていました。

「今ここにある私」の感情を受け入れる

遠くを見つめる女性の写真

次第に、どうやら私は「今ある自分の感情を受け入れる」ことが苦手だとわかってきました。感情をないがしろにしてしまうので、どうすれば「自分に優しく」「自分を認める」ことができるのか、わからないのです。

そんなとき、たまたま読んだ本にマインドフルネス瞑想のことが書かれていました。マインドフルネスとは、瞑想の習慣を積み重ねることで「今、この瞬間を生きている私」を感じ取るトレーニングのこと。私たちは普段、過去や未来のことばかり考えて生きています。その多くが「さっき、なんであんなことを言われたのか」「将来、失敗したらどうしよう」といった、ネガティブな思考です。

それが過剰になると「今現在」の感情や感覚をつかめなくなる。自分軸がないので、人や物事に振り回されやすくなり、イライラや不安にとらわれやすい……これはまさに、私のことでした。

瞑想に慣れてきたら、自分が見えてきた!

何冊かの本を読んで、瞑想のやり方を覚えた私は、毎日座り心地のよい場所に腰かけ、背筋を伸ばして軽く目を閉じ、自然な呼吸に意識を向け、瞑想の時間を持つようになりました。

最初は日に3分ほど、少しずつ時間を伸ばして10分、15分と続くようになったころ、変化が起こりました。「今ここに生きて、快・不快含めて、さまざまなことを鮮やかに感じている自分」を実感できたのです。あらゆる感情が希薄になっていた私にとって、これは大きな発見でした。「私はちゃんと生きている」と思うだけで、涙が出てきたものです。

同時に解放感もありました。今現在の自分を認知できたら、それまでいかに人目を気にして、他人ばかり優先し、辛いときに我慢してきたかに気づけました。「なぜこんなに無理をしていたんだろう?」と不思議なほどで、ようやく「自分に優しくありたい」と思うようになりました。

自分に合う瞑想法を探すのも楽しみのひとつ

野菜を食べる女性の写真

次第に、自分に合う瞑想法を探して、いろいろと試すようになりました。なかでも私のお気に入りは、食事瞑想です。

食べるのが大好きでも、なかなか「食べること」だけに集中して食事をすることは少ないものです。人と会話をしていたり、本やテレビを観ていたり、ぼんやり考え事をしていたりと、何かをしながら食べることがほとんどです。

食事瞑想は、目の前にある皿や食材をよく観察し、香りを楽しんでから口に運びます。ゆっくりと噛みしめながら、口のなかで味や食感がどう変化するのかを感じます。言葉にする必要はなく、ただシンプルに「食べる喜び」を噛みしめる時間。食事瞑想のあとはいつも五感が研ぎ澄まされ、頭がスッキリします。

マインドフルネス瞑想実践者の声を集めてみた

ここまでは私自身の話ですが、他の実践者の方がどんな風に効果を感じているのか。ウェブやSNS上で「マインドフルネス瞑想実践者」の声を探してみました。

「瞑想を続けたら、前よりもワクワクすることが増えた」「気がかりなことがあっても、瞑想をすると落ち着いて、集中力が上がった」「気分が軽くなって、心が整う感覚」「初めて、自分のことをありのままに受け入れられるようになった」「企画が思い浮かびやすくなって、仕事がはかどる」などの声が目立ちます。どれも実践者にとっては「わかる!」と共感できる内容です。

「本来の自分」を取り戻すことで、生きづらさが薄れる

マインドフルネス瞑想を続けるうちに、私は少しずつ「本来の自分」を取り戻していきました。時々、人から言われたことや出来事が気になりますが、すぐに自分の軸に戻ってこられるという安定感があります。それは「私を信じている」という安心感です。

「なんだか前より生きづらい」そう感じたとき、マインドフルネス瞑想を試してみませんか? 最初からうまくやる必要はありません。少しずつ習慣化することで、きっとあなたに合う方法が見つかり、生き方がずっと楽になるはず。そう願っています。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード