美肌に近づきたい人、必見! お肌のデトックスにおすすめな食べ物6選

食べる

2017.12.8 text by:Makiko Sakai

美肌に近づきたい人、必見! お肌のデトックスにおすすめな食べ物6選

スキンケアには気を付けているのに、肌トラブルが続いてしまう……。その原因は、体の中に溜まった毒素かもしれません。美肌を目指すなら、デトックスによって体の中からキレイにしていくのが近道です。身近な食べ物にも美肌につながる効果はたくさんあります。そんなデトックスに役立つ食べ物で体の新陳代謝を上げ、お肌のターンオーバーを改善していきましょう。

【1】トマト “錆びない”体づくりに役立つリコピンがたっぷりなトマトでアンチエイジング

写真:トマトジュース

トマトの赤い色素成分であるリコピンは、強い抗酸化力があることで知られています。抗酸化力とは、体が酸化すること=“錆びること”に抗(あらが)うパワーともいえます。サラダとして食べるときは、ごま油やくるみ油を使ったドレッシングを選ぶと、リコピンを効率よく摂取することができます。真っ赤に熟したトマトは、ソースにして冷凍保存しておくと、いろいろな料理に応用できて便利です。

【2】ほうれん草 健康的なお肌へと導く“緑黄色野菜の王様”

写真:ほうれん草

ビタミンやミネラルが豊富で“緑黄色野菜の王様”とも呼ばれるほうれん草。老化の進行を抑制するほか、お肌を健康に維持するといった作用があります。鉄分の含有量は野菜のなかでトップクラスに入るため、貧血が気になる人も積極的に食べたいものです。ほうれん草は、アク成分であるシュウ酸を含みます。スムージーなど生で摂取するときには、サラダ用ほうれん草を選びましょう。

【3】小松菜 カルシウムや鉄も豊富で女性に嬉しい美肌効果が期待できる

写真:小松菜

小松菜も美肌効果が期待できる緑黄色野菜の一つです。体内でビタミンAに変化するβカロテンが豊富で、カルシウムや鉄分にも富んでいます。ビタミンAは、皮膚や目などを健やかに保つほか、皮膚を乾燥から守ってくれる作用があります。アクが少ないのも小松菜の魅力。お浸しにするときは茹で過ぎに注意して、炒め物には下茹でせずに使えます。鮮度が落ちやすい野菜のため、早めに食べきりましょう。

【4】にんじん 皮ごと食べればデトックスにより効果的!

写真:にんじん

肌に悪さをする活性酸素の除去に役立つのがβカロテンです。にんじんには、βカロテンがたっぷり。とくに皮の下に多く含まれているため、無農薬栽培のにんじんを選んで皮ごと調理するのがおすすめです。生食、炒め物、煮物、揚げ物など調理の幅が広いため、さまざまな料理に使えるのもにんじんの長所です。

【5】りんご 毎日でも食べたい“アンチエイジング・フルーツ”

写真:りんご

スムージーやデトックスウォーターでも活躍するりんご。皮の赤い色素には抗酸化作用があり、肌トラブルの改善に効果があるといわれています。水溶性食物繊維であるペクチンが豊富なのも特徴で、腸内環境を整えてスムーズなお通じを促してくれます。焼きりんごやジャムなどにして皮ごと食べることで、“アンチエイジング・フルーツ”の効果をより実感できそうです。

【6】アボカド 抗酸化力のあるオイレン酸が美肌の再生をサポート

写真:アボカド

「森のバター」と称されるアボカドは、クリーミーで脂質が高い果物です。この脂質に含まれるオイレン酸は抗酸化力を持ち、美肌の再生をサポートするといわれています。食物繊維とカリウムも豊富に含んでいるので、体のデトックスにはぴったり。緑黄色野菜のブロッコリーやトマトと合わせてサラダでどうぞ。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード