冬だからなおさら気になる“冷え”。体を温めて快適に冬を過ごそう!

整える

2017.12.20 text by:Tonoel編集部

冬だからなおさら気になる“冷え”。体を温めて快適に冬を過ごそう!

朝、寒くてなかなか布団から出られなかったり、外出すると手足が冷えて、手袋や厚手の靴下を身につけていても温まらなかったり……冬の冷えの悩みは深刻です。従来“冷え”は体質の問題だと考えられていましたが、漢方の見地では、病気ではないけれども不調を感じる「未病(病気の前段階)」とし、放って置けば大事にも至りかねないと考えるのだそうです。ここではちょっとしたコツで冷えを解消し、体の不調やトラブルを軽減する方法をご紹介します。

体が冷えるのは、熱を作れない、熱を運べないのが原因

写真:サラダを食べようとしない女性

ある調査によれば、女性の2人に1人は冷え症だという結果が出ています。最近は夏の冷房による冷えも深刻で、3人に1人は夏も冷えの悩みを抱えているのだとか。そんな事態に注目して日本初の「冷え性外来」を設立したのが医師・渡邉賀子先生です。渡邉先生の著書『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』(主婦の友社刊)をもとに、体を温めるコツを学びましょう。

まず、知っておきたいのは、冷えの原因です。結論から言ってしまえば、冷えるのは、まず体が熱を作れないから。そして、たとえ体が熱を作れたとしても、それを体の隅々まで運べないからです。その2つの要因の根本原因をまとめると以下のようになります。

◆体が十分な熱を作れない
↑食事でのエネルギ補給が少ない(胃腸が弱っている? 食欲がない? 食事量が少ない?)
↑筋肉量や運動量が少ない(1日に必要なエネルギーの約6割は筋肉によって生み出されているので、筋肉量を増やし、運動することが大事)

◆体の隅々まで熱を運べない
↑血液の流れをコントロールする自律神経のバランスが崩れているので、血の巡りが悪くなっている

上記の理由から冷えの解消には、バランスの取れた食事をしてエネルギーが不足しないようにする、そして、自律神経の働きを整えて血のめぐりをよくすることが大事であることがわかります。

朝起きてから夜寝るまで、ちょっとしたコツで冷えを解消

写真:ベットの上で体を伸ばす女性

体の冷えの悩みと対策の具体的な方法として以下のようなものが考えられます。

◆朝、寒くてベッドから抜け出せない!
対策1.ベッドの中で両手を上げ、指や足先力を入れて伸びをする。何回か繰り返すと体がぽかぽか、頭もすっきり。
対策2.ベッドから出る前に部屋を暖めておく

◆出かける前、カイロはどこに貼れば良いの?
方法1.腰やお腹に貼ると、下半身の冷えが解消
方法2.肩甲骨の間に貼ると、手先の冷えが解消

◆会社が寒い!
対策1.膝掛けやレッグウォーマーで下半身をガード
対策2.ホットドリンクにシナモンパウダーなどのスパイスを入れて体の内側から温める

◆お風呂に入ると、湯冷めしそう!
対策1.汗をかかないよう、ぬるめのお風呂に入り、仕上げはさらにぬるめのシャワーを浴びる
対策2.湯冷めする前にベッドに入る
対策3.入浴後しばらく起きているなら衣類や靴下でガード

◆寒くて寝付きが悪い、ぐっすり眠れない!
対策1.寝る1時間前ぐらいにお風呂に入る(体の深部の体温を下げると眠りに入りやすくなる)
対策2.入浴→全身マッサージ→ストレッチ→ベッドに入るなど入眠前のルーティンを作って心身ともにお休みモードにする
対策3.朝はしっかり起きて、太陽の光を浴びて体内時計をリセットする

体質を改善して、普段から熱を作れる体にする

写真:鍋を食べている様子

冷えを解消するには、先の体を温める工夫と合わせて、普段から熱を作れる体に体質改善することも大事です。体温が1℃上がれば血流はぐんとアップ。肌はピカピカ、髪はつやつや、太りにくくなるなど良いことづくめです。それにはたとえば、

・朝食はしっかり食べて、脳も体も活動モードに
・一年中鍋を楽しむと、熱を直接取り込むことができて、いろいろな栄養をバランスよく摂取できる
・冷たい飲み物は体を内側から冷やすのでNG。ホットや常温のものを飲むようにする
・軽い筋トレを習慣づける
・ウォーキングや階段の上り下りなど、日常的に有酸素運動をする
・すき間時間には深呼吸をする。血液の流れがよくなり、リラックスできるので不眠イライラにも効果あり

というように、実はちょっとした心がけで、大きな効果を呼ぶ方法がいろいろあります。今すぐ試すことができるものばかりなので、さあ立ち上がって深呼吸から初めてみませんか?

『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』には体を温める方法が満載

写真:渡邊賀子著『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』(主婦の友社)の表紙

冷え症と言うと女性の専売特許のように考えて、最初から諦めていませんか? でも、冷え症はきちんとした対策を取れば、必ず改善するものです。『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』には、上記の他にも、体のパーツ別にじんわりとあたためる方法や、生理の時のケア、冷えのタイプ別の対処方法など、今すぐにできる方法が満載。冷えをなくして、より元気に、よりきれいに生きたいと思う人は必読です。

『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』渡邊賀子著(主婦の友社)
定価:1300円(税別)

『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』渡邊賀子著(主婦の友社)

http://www.st-infos.co.jp/books/detail/id=5802

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード