レインボーベジタブル&フルーツで錆びない体を作る!

食べる

2018.1.18 text by:Tonoel編集部

レインボーベジタブル&フルーツで錆びない体を作る!

「ファイトケミカル」という言葉を聞いたことがありますか? 野菜や果物に多く含まれる成分で、抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つということで注目されているものです。この注目のファイトケミカルを効率よく摂取する方法を、健康に関する多くの著書を執筆し、アンチエイジングの第一人者として知られる医師・白澤卓二先生の著書の中から学んでいきましょう。

野菜や果物を皮ごと食べて免疫力や抗酸化力をアップ

写真:トマト

野菜や果物には繊維質やミネラルだけでなく多くの素晴らしい栄養素が含まれています。リコピンやポリフェノールといったお馴染みのもののほかにも、人の体内で免疫力、抗酸化力を高める成分が、現在わかっているだけで1000以上もあるそうですから驚きです。それらを総称してファイトケミカルといい、これらの成分は、野菜や果物の苦み、えぐみ、香り成分などに含まれています。そして、それらの多くは色素の中にあるのです。ですから、ファイトケミカルをたくさん体内に取り入れるコツは「皮ごと」食べることといえます。また、ファイトケミカルは、植物が自らを紫外線や外敵から守るために作り出すものなので、「温室育ち」のものより、旬の露地栽培のもののほうが、含有量が多いというのも大切なポイントです。

錆びない食卓のキーワードは「レインボー」!

写真:レインボーベジタブル&フルーツ

ただ、ファイトケミカルを摂取するといっても、種類が1000以上もあるのでは、いったいどれを、どれくらい食べればいいのか迷ってしまいます。そこで白澤先生が推奨するのが、野菜や果物を色で見分けて摂取する方法。名付けて「レインボーベジタブル&フルーツ」です。その代表的な色と食材を以下にご紹介します。

1.赤
トマト、ニンジン、赤ピーマン、唐辛子

2.緑
ほうれん草、小松菜、ブロッコリ、ピーマン、アスパラガス、レタス

3.黄
パプリカ、カボチャ、ウコン

4.白
大根、カブ、玉ねぎ、白菜

5.紫
紫玉ねぎ、茄子

6.茶
ゴボウ、里芋

7.黒ごま

食卓に以上の7色の食材が揃っていると、栄養素のバランスが取れた食事になるそうです。この方法であれば「今日の食卓には、赤が足りない」と思ったら、トマトジュースを飲むといった風に、色で栄養バランスの偏りを判断できるので、簡単に実践できそうですよね。見た目にも楽しいレインボーカラーを意識した食事を心がけて、錆びない食生活を始めてみませんか。

参考文献:『100歳までサビない生き方 体の中からキレイになれる101の習慣』  白澤卓二(ポプラ社)

photo

価格:¥950(税抜)

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8000787.html


参考文献:『「幸せだった」といって死ぬために 100歳時代の食べ方・生き方』  白澤卓二(ポプラ社)

photo

価格:¥800(税抜)

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8201143.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード