美味しくてカラダにやさしい!「有機アップルソース」のある生活【レシピ付】

食べる

2018.1.27 text by:Tonoel編集部

美味しくてカラダにやさしい!「有機アップルソース」のある生活【レシピ付】

ビタミンやミネラルなど体にいい栄養素がたっぷり詰まっているフルーツ。なかでもりんごは、デトックス効果もあると言われる優秀な食品。そこでオススメしたいのが、「わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に、子どもから大人まで安心できる食品づくりをしているブランド・ブラウンシュガーファーストの、「有機アップルソース」です。そのまま食べても、ヨーグルトに添えても、料理に使っても美味しいソースの魅力をご紹介します。

1日1個のりんごで医者いらず? りんごのパワーを手軽に取り入れたい!

写真:有機アップルソース

りんごは昔から世界中で体にいい食べ物として愛されてきました。たとえば、イギリスでは「1日1個のりんごは医者を遠ざける」、スペインでは「毎日のりんご1個は医者の費用を節約できる」という言い伝えがあるほど。

そんなりんごの栄養と旨味がたっぷり詰まっているのが「有機アップルソース」なのです。原材料は、自然豊かなアメリカの田舎町で栽培されているオーガニックのりんごのみ。砂糖や添加物を一切加えず、スチームで煮つぶして丁寧に作られたソースは、りんごそのもののやさしい甘さとかすかな酸味が味わえます。

有機アップルソース/価格:980円(税別)内容量:680g

アップルソースを使った簡単「りんごの煮豚」レシピ

写真:有機アップルソースを使ったりんごの煮豚

「有機アップルソース」はデザート感覚でそのまま食べても、ヨーグルトなどにかけて食べてもいいのですが、その自然な甘さは、お菓子づくりや、お料理に使ってもおいしく食べられます。そこで、「有機アップルソース」を使って簡単にできる「りんごの煮豚」のレシピをご紹介します。

■材料

  • 豚肉かたまり 400g~500g
  • 醤油 2分の1カップ
  • 酒  2分の1カップ
  • 有機アップルソース(プレーン) 200cc
  • ネギ 青い部分と白い部分 2分の1本分
  • 生姜 薄切り 1かけ
  • 白髪ねぎ(飾り用)
  • 水(分量外)

■作り方

  • 豚肉がピッタリ入るくらいの大きさの鍋に肉を入れ、ひたひたになるくらいの水を入れ、沸騰しアクが出たら、一度お湯を全部捨てる。
  • 鍋に酒、アップルソース、(1)の肉、肉がひたひたになるくらいの水、生姜、ネギ(青い部分と白い部分)を入れ、強火にかける。
  • 沸騰したらごく弱火にし、アクを取りながら1時間ほど煮る。
  • 醤油を加え、落とし蓋をしてさらに1時間ほど煮込んだら出来上がり。

カラダと心にやさしいりんごのある生活を始めませんか

写真:有機アップルソースのある食卓風景

健康を考えれば、体にいいもの選んで食べるということは重要です。でも、「食」において、もうひとつ大切なのは、「楽しく食べる」ということ。安全な食材が「体」の調子を整えるように、楽しい食卓は「心」を整えてくれます。

さまざまな楽しみ方で、食卓を彩ってくれる「有機アップルソース」を常備して、体にも心にもいい食生活をはじめてみませんか。

photo / ブラウンシュガーファースト

ブラウンシュガーファースト

http://bs1stonline.com/

Tonoel編集部

Tonoel編集部はヨガインストラクター養成機関のFIRSTSHIPと連携し、ココロとカラダを心地よく調和させるヒントとなる情報を調査・編集の上、お届けしています。

Tonoel編集部

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード