血の巡りをよくしてツヤのある肌になる 「サーキュレーション(循環)美肌弁当」

食べる

2017.6.29 text by:Kei Yoshida

血の巡りをよくしてツヤのある肌になる 「サーキュレーション(循環)美肌弁当」

春から初夏にかけては、冬の間に溜まった毒素(アーマ)をどんどん外に出していきたいもの。ここではヨガ講師、Makotoさんが考案してくれた、血の巡りを良くしてデトックスを促すお弁当をご紹介。食物繊維が豊富な食材や、血液の生成作用を高める栄養素を積極的に摂り、軽やかな体とイキイキとした美肌を手に入れましょう。

【サーキュレーション美肌弁当の6品メニュー】
  • ソラマメのターメリックごはん
  • 春菊の白和え
  • レンズ豆の肉みそ風
  • ゆでたブロッコリーとプチトマト
  • キヌアとセロリのスープ
  • 豆乳ブルーベリースムージー

ソラマメのターメリックごはん

■材料

  • 胚芽米 1合
  • 出汁 200cc
  • ターメリック 小さじ1/2
  • 米油 大さじ1(オリーブオイルでもOK)
  • 水 100cc
  • ソラマメ 40g
  • 塩 適宜

■作り方

  • 炊飯器に研いだ胚芽米と出汁を入れる。ターメリックと米油を加え、良く混ぜて炊く。
  • 鍋に水を入れ、塩を加えて沸かす。沸騰したら皮のついたままのソラマメを鍋に入れ、2分間茹でる。茹であがったら水にさらさずに、ざるで水を切り、置いておく。冷めたら皮をむく。
  • ご飯が炊けたら米をよく混ぜ、蒸らす。蒸らし終わったら皮をむいたソラマメをざっくりと混ぜる。

春菊の白和え

■材料

  • 春菊 60g
  • 絹豆腐(水切りしたもの) 1/2丁
  • 白すりごま 大さじ1
  • 白みそ 小さじ1
  • 塩麹 小さじ1

■作り方

  • 鍋に湯を沸かす(分量外)。沸騰したら塩大さじ1(分量外)と春菊60gを入れ、1分半茹でる。
  • 茹で上がった春菊を水にさらし、よく水切りする。その後キッチンペーパーで包み、さらに水分を取る。
  • 絹豆腐をボウルに入れる。すり鉢やヘラなどでペースト状にしたら、白みそと塩麹、白すりごまを入れよく合わせる。2の春菊を入れて和える。

レンズ豆の肉みそ風

■材料

  • レンズ豆 30g
  • ギー(不純物を除いたバターオイル) 大さじ1(ココナッオイルでもOK)
  • おろし生姜 5g
  • 出汁 150cc
  • 赤みそ 大さじ1
  • 葛 小さじ1と1/2

■作り方

  • 鍋に湯を沸かす(分量外)。沸騰したら塩大さじ1(分量外)とレンズ豆を入れ、5分間茹でる。茹で上がったらザルに移し水を切る。
  • フライパンにギーを入れ、香りが立ってきたらレンズ豆を入れて炒める。
  • レンズ豆に油が通ったら、おろし生姜、出汁、赤みそ、葛を加えてよく混ぜ、中火で煮立たせる。汁気が無くなったら火を止める。

キヌアとセロリのスープ

■材料

  • セロリ 40g
  • 出汁 150cc
  • キヌア 大さじ1
  • ローリエ 1枚
  • 塩麹 小さじ1/2
  • 胡椒 少々

■作り方

  • セロリの皮をピーラーで落とし3cmの長さに切る。
  • 鍋に出汁とキヌアとローリエを入れ、強火で煮込む。
  • 沸騰したら弱火にし、塩麹と胡椒少々を入れて味を調える。

豆乳ブルーベリースムージー

■材料

  • 冷凍ミックスベリー 100g
  • 無調整豆乳 200cc
  • アガベシロップ 大さじ1(はちみつ、メイプルシロップでもOK)

■作り方

  • 冷凍ミックスベリー、無調整豆乳、アガベシロップをミキサーに入れよくブレンディングする。

【各食材のヘルシーポイント】

胚芽米:白米より栄養素が高く玄米よりも消化にすぐれているお米。ビタミンB1、B2、Eが多く含まれ、肝機能を正常に導く。うつ病の予防にもなるギャバは白米の10倍も含まれています。食物繊維も豊富なので便秘の解消にも効果的です。
ソラマメ:ビタミンB1、B2、Cのほかカリウムやリンなどのミネラルも豊富。骨や血液の生成作用を高める効果が期待できます。ビタミンBやカリウムは水に溶けやすいのでご飯を炊くときは、豆を皮のまま茹でたほうがベターです。
ターメリック:黄色色素成分クルクミンは肝臓の機能を高めて、解毒作用や胆汁の分泌を促進する働きがあります。また消化不良を予防し改善する効果もあると言われています。
春菊:日常で不足しがちな栄養素が集まっている緑黄色野菜。小松菜やホウレンソウよりも多くベータカロチンを含み、ビタミンB2、E、葉酸なども豊富。ミネラルや食物繊維もたっぷり含まれています。牛乳以上のカルシウムが含有されているので骨粗しょう症の予防や老化の抑制、貧血の予防や改善に有効です。
豆腐:低カロリーで良質なタンパク質食品。女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするイソフラボンも豊富。女性の美しさや若さを保つために有効な食材です。
レンズ豆:良質なたんぱく質と脂質、そして糖質の3大栄養素の他に、ビタミンB1、B2、Eやカリウムなど多くの栄養素が含まれています。食物繊維が豊富なので便秘解消に働きかけ、美肌効果が期待できます。

※本記事はアーユルヴェーダのメソッドにより予防的に健康増進をはかるものです。

監修・レシピ考案:Makoto

ファーストシップトータルヨガスクール講師、スタジオディレクター。呼吸法、アライメントを重視したフロースタイルのハタヨガを得意とする。ヨガの国際資格E-RYT500保持。ヨガやアーユルヴェーダ、哲学的なライフスタイル、そして生き方を幅広く提案している。

http://www.firstship.net/

Makoto(監修・レシピ考案)

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

関連記事

関連キーワード