スーパーフードの次はこれ! 美しくしなやかなボディメイクなら「アスレチックフード」を!

整える

2018.2.23 text by:MHK.

スーパーフードの次はこれ! 美しくしなやかなボディメイクなら「アスレチックフード」を!

最近、ボディメイクや美容に関心の高い女性の間で注目されているのが、高タンパク質のプロテイン食品。ダイエットでがんばって体重は落としたものの、髪の毛はパサパサ、爪がボロボロ……なんていう経験はないでしょうか。それはダイエット中の食事のタンパク質不足が原因。タンパク質は筋肉はもちろん、肌や爪、髪、骨など体を形成するために必要な栄養素で、1日の必要量は、成人女性の場合40~50gが理想と言われています。そんなタンパク質を効果的に摂取できるのがプロテイン食品なのです。

余分なカロリーや脂肪を摂取せずに効果的にタンパク質不足をカバーできる

お腹をダイエットで引き締めたい女性

今どきのダイエットは食事量を抑えるのではなく、高タンパク&低脂質の食事を心掛ける、“食べて痩せる”ダイエットが主流。

実はタンパク質だけなら意外と簡単に摂れてしまうのですが、食品でタンパク質を補おうとすると脂質の過剰摂取、高カロリーになりがちです。とはいえ、鶏むね肉やささみ、ゆで卵ばかり食べ続ける生活もツライ……。

そんなサポートアイテムとして一番手っ取り早いのがプロテインなのです。プロテインといえばアスリートやボディービルダーなど特殊なトレーニングをする人が愛飲しているものというイメージがあると思います。

しかし、今は第3のプロテインとも言われる、卵白由来のプロテイン、大豆プロテインに代わる植物性プロテインとしてアレルギーの心配が少ないエンドウ豆由来のピープロテインなどが注目されています。

ドリンクやスープの飲料スタイルから、バーなどの固形状などさまざま

タンパク質が手軽にとれるアスレチックフード

最近トレンドとなっているパワー系ジムなどちょっとハードなワークアウトに取り組む人たちの間で、第3のプロテインを含むタンパク質を手軽に効率的に摂取できる食品が「アスレチックフード」と呼ばれ、注目されています。

アスレチックフードは体に必要不可欠なタンパク質の摂取を普段の食事や間食として、いろいろな形で手軽に補給できるのが強み。

ポピュラーかつ手軽な飲料タイプだけでなく、骨を取り除いたサケを真空パックしたサラダサーモンや、ソウダガツオを燻製にしたカツオバーなどの魚系加工食品も要注目です。

また最近話題なのが中東の伝統料理「フムス」。ひよこ豆、オリーブオイル、にんにく、ねりゴマ、レモン汁などを混ぜたペースト状の料理で、タンパク質が豊富な上、食物繊維、ミネラル、ビタミンも含まれることから、ダイエットや美容に効果が期待できると言われています。

適度な運動と自分に合ったアスレチックフードで健康的なスタイルを手に入れよう

アスレチックフードで元気になった女性

2018年はアスレチックフードがトレンドになると言われており、実際、ある雑誌の流行予測でも15位に選ばれています。

今年は日常的に運動やトレーニングを取り入れ、食事としてアスレチックフードを積極的に摂るスタイルが話題になりそうです。

食事だけでなく、小腹が空いたときの対策や腹持ちの良いおやつとしても食べられる、スナック感覚のアスレチックフードもあります。

アスレチックフードを上手に活用してトレーニングの成果を上げたり、健康維持やボディメイクを楽しんでみたりしてはいかがでしょうか。

Tonoel編集部

Tonoel編集部はヨガインストラクター養成機関のFIRSTSHIPと連携し、ココロとカラダを心地よく調和させるヒントとなる情報を調査・編集の上、お届けしています。

Tonoel編集部

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード