1日の多くの部分を占める睡眠時間。寝ながら体の不調を整える「寝るだけ整体」

整える

2018.2.26 text by:Tonoel編集部

1日の多くの部分を占める睡眠時間。寝ながら体の不調を整える「寝るだけ整体」

スマホ首、またはスマホ症候群などという言葉をご存知ですか? 下を向いた姿勢でスマホをずっと見ていると首や肩に負担がかかり、その部分の痛みや肩こり、さらには体全身の不調を引き起こす現象のこと。そんな症状を手作りの「寝るだけ整体枕」で解消する方法を柔道整復師・田中宏さんの著書『腰痛・肩こり・頭痛を解消 寝るだけ整体』(アスコム刊)からご紹介します。

重い頭を支えている首には想像以上の負荷が

スマホ首になって首を痛めた女性

普段、私たちは頭の重さをほとんど意識せずに過ごしていますが、実は体重の10%ほどの重さがあるのです。つまり、体重50kgの人なら5kg! なんと500mlのペットボトル10本分……計算してみると、結構な重さです。

そんな頭の重みを支えているのが頸椎という首の骨。首は、横から見るとゆるやかな曲線を描いているのですが、それは全体で頭の重みを分散させて支えるためです。

しかし、スマホやパソコンに長時間向かっていると頸椎が歪み、その影響で体の他の部分が無理にバランスを取ろうとして背骨から骨盤、膝の骨格にまで歪みが生じてしまうのだそう。それが、首の痛み、肩こり、全体的な体の不調の原因となるのです。

バスタオル1枚だけでできる「寝るだけ整体枕」

寝るだけ整体枕

毎日の姿勢の乱れから生まれる骨格の歪みは、癖のようなもの。その癖をただす矯正を行えば、歪みは直り体調不良も改善される……ということで田中さんが生み出したのが「寝るだけ整体枕」です。

使用するのは120×160cm程度の大きさの厚めのバスタオル1枚。これより小さかったり、厚さが薄かったりする場合は2枚用意します。短い辺を合わせるように半分に折り、輪になった方の側からくるくると丸め、太めの棒状にして、寝ている間にタオルが開いてしまわないよう、端が下になるようにして布団に置けばできあがりです。

これが用意できたら、枕を首の後ろに当たるように寝て、以下のポイントをチェックします。

1 天井がまっすぐに見られるか
2 のどに圧迫感がなく、呼吸しやすいか
3 首が浮いていないか
4 肩、肩甲骨が床(寝具)についているか

当てはまらないポイントがある場合、違和感がある場合は、枕の大きさを調整して自分の体に合うようにしましょう。

寝るときの基本姿勢はあお向け

寝るだけ整体枕の効果を得た女性

この寝るだけ整体用の枕を使って寝るだけで、なぜ体調が改善されるのでしょうか?

人の睡眠時間は、平均して6、7時間ぐらいとすると、1日のうちの3分の1から4分の1は寝ているということになります。その時間をすべて身体を整えることに使うというのが「寝るだけ整体」の考え方。この枕を使って寝るときのポイントは次の2つです。

・寝るときの姿勢はあお向け
・自然な寝返り

つまり、あお向けで寝ることにより、かかと、お尻、背中、後頭部を壁につけ、胸を張って立っている姿勢を寝ながら維持していることになります。

そして、寝るだけ整体枕が首の曲線を支えてくれるので、あお向けで寝ることが楽になり、真っ直ぐ上を向いた体勢を長時間維持できます。その結果、体の歪みが矯正されるのです。

首だけじゃない。ダイエットにも効果的な寝るだけ整体

田中宏著『腰痛・肩こり・頭痛を解消 寝るだけ整体』(アスコム刊)

寝るだけ整体を習慣にすると、改善されるのは首痛や肩こりだけではないそうです。

正しい姿勢で寝ることができるようになると、睡眠はより深くなり、自律神経が整って冷えは解消。お通じも良くなって新陳代謝の良い体になるので、脂肪がたまりにくくなるとのこと。つまり、ダイエットにも良い効果が望めそうです。

その他にも、寝るだけ整体が効く体のさまざまな不調、枕を使って行う簡単なストレッチなどが、上記の本には詳細に記されているので、興味のある方は一読してみてはいかがですか?

田中宏著『腰痛・肩こり・頭痛を解消 寝るだけ整体』(アスコム刊)
定価:本体¥1100(税別)

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード