膝は曲がってOK!1分でできる背面を伸ばして気持ちを落ち着かせるポーズ

整える

2018.3.5 text by:Miwa

膝は曲がってOK!1分でできる背面を伸ばして気持ちを落ち着かせるポーズ

太もも裏を伸ばすだけでなく、背中も腰も広げて伸ばしましょう!太ももにお腹を預けられるまで膝を曲げて、体をリラックスさせます。

気持ちを落ち着かせて、体の力みをとりましょう 背中を伸ばすパッシモッタナーサナ

膝を伸ばすのは二の次!まずは足の付け根から体を折りたたんで、太ももとお腹をぴったりくっつけられるくらい膝を曲げましょう。

太もも裏を伸ばすだけでなく“背面”を伸ばすという意味があるポーズです。ポイントは背中全体、腰も広げるように伸ばすところ。

普段緊張しがちな背中をストレッチし、重力に逆らって背骨を支えている筋肉たちを伸ばすことで、自律神経にも働きかけ、気持ちを穏やかに落ち着かせることができます。

息苦しく痛みがあるまで膝を伸ばす必要はありません。深呼吸しながら心地よく保てるところで行いましょう。5~10分、そのままキープしていると心がリラックスしていく様子も観察できますよ。

心が落ち着くヨガポーズのパッシモッタナーサナ1

【1】両脚を前に伸ばして座ります。太もも裏に痛みを感じたり、お尻の後ろ側で座ってしまい腰が丸まったりする場合は、膝を曲げて座りましょう。足の付け根を縮めるようにお尻の前側を使って座るイメージをすると背中も腰も伸ばしやすいです。

心が落ち着くヨガポーズのパッシモッタナーサナ2

【2】息を吐きながら、足の付け根からゆっくり体を折りたたみ前屈します。
太ももにお腹を預けて首の力を抜きます。腕の力も抜き、手の平を上にして呼吸をしましょう。

心が落ち着くヨガポーズのパッシモッタナーサナ3

【3】膝を深く曲げる場合や膝に痛み違和感がある場合は、クッションなど支えになるものを膝の下に入れると長くキープしても心地よくいられます。

ライター:Miwa

FIRSTSHIP講師。ヨガインストラクターとしてレッスンをするほか、新人インストラクターの指導も担当。ヨガの学びをライフスタイルに活かせるよう分かりやすく伝え、生徒から支持を得ている。全米ヨガアライアンスRYT500のほか、マタニティヨガ指導者、ヨガセラピー指導者、陰ヨガ指導者、リストラティブヨガ指導者の資格を保有。ヨガのほか、ファンクショナルトレーニングにも関心がある。

http://www.firstship.net/

MIWAさん(ライター用)

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード