“ジャンクだけどオーガニック!?”アメリカの極上オーガニックアイスクリーム店が日本初上陸!

食べる

2018.4.4 text by:Tonoel編集部

“ジャンクだけどオーガニック!?”アメリカの極上オーガニックアイスクリーム店が日本初上陸!

オーガニック先進国のアメリカで、売り上げNo.1を誇るオーガニックアイスクリームブランド『Three Twins Ice-cream』。サンフランシスコで生まれたこの人気のアイスが日本に初上陸しました。体にいいだけでなく、本気で美味しいを追求したその味は、3月上旬のオープン当日からからすでに大人気に。代官山の新名所となりそうな、注目のアイスクリームショップをご紹介します!

オーガニックアイスならではの、爽やかな口溶け

オーガニックアイスクリームブランド『Three Twins Ice-cream』の代官山店外観

アメリカのアイスクリームというと、着色料たっぷりの派手な色、こってりした甘さ、脂肪分たっぷりの濃厚な食感といったイメージを抱く方が多いのではないでしょうか? そんなイメージを覆すのが、3月上旬に代官山に日本1号店がオープンしたばかりの『Three Twins Ice-cream(スリー ツインズ アイスクリーム)』。もともと、アイスクリーム好きだった創業者のNeal(ニール)が、美味しいアイスを食べたい!という想いを追求していったところ、結果としてオーガニック素材を使ったレシピに辿り着いたのだそう。

“信頼する生産者の原材料のみを使用する”というコンセプトをもとに作られた『Three Twins Ice-cream』のアイスには科学的な添加物が一切使われていません。通常、市販のアイスクリームは、粘り気を出して溶けづらくする「増粘剤」や、水と油を混ざりやすくする「乳化剤」などが使用されていますが、こうした添加物を一切使用していないため、口溶けがよく、食べたあとも口の中がべたつくことがありません。

選ぶのに迷ってしまう11種類のフレーバー

オーガニックアイスクリームブランド『Three Twins Ice-cream』の全11種類のアイスクリームフレーバー

現在、フレーバーは全部で11種類で、どれも美味しさにこだわったものばかり。

たとえば、ミントチョコ。緑色のアイスにチョコレートチップが入ったものが一般的で、中には「歯磨き粉を食べているみたいで苦手」という人もいると思います。『Three Twins Ice-cream』のミントチョコ「ミントコンフェティ」は、人工的な香料や着色料を使っていないので、見た目は白っぽいバニラアイスのよう。でも、口に入れると、爽やかでスッキリしたミントの香りが広がり、「今まで食べてきたミントチョコはなんだったの?」と言いたくなる自然で優しい味。

また、サンフランシスコで一番人気のフレーバー「シーソルトキャラメル」は、シーソルトがキャラメルアイスの甘味を引き立てすっきりとした味わいに。

サイズは、シングル(380円)、リトルダブル(500円)、ダブル(680円)の他、やや小さめのスクープで、3種類のフレーバーが選べる、スリーツインズ(550円)も。あれもこれも食べたい人にはぴったりです。

もちろん、コーンやトッピングだってオーガニック

オーガニックアイスクリームブランド『Three Twins Ice-cream』のオーガニックのコーンやトッピング

また、カップのほかに、有機小麦粉、有機きび糖、有機バニラエッセンスをベースにした生地を、米油でカリッと焼き上げた自慢のホームメイドワッフルコーンもおすすめ。さらに、トッピングもオーガニック。野菜やウコンで色づけしたチョコスプレー、ラズベリークリスプや、ピスタチオなどが選べます。

健康には気を遣っているけど、たまにはジャンクなものを食べたい!という願いを叶えてくれる「ジャンクだけどオーガニック」な夢のようなアイスクリームを是非お試しあれ!

Three Twins Ice-cream 代官山店

住所:東京都渋谷区代官山町19-4
営業時間:10:00〜21:00
03-6455-1510
定休日:不定休

http://threetwinsicecream.jp

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード