グリーンを育てて、暑い夏を賢く快適に過ごしませんか?

整える

2018.6.17 text by:Tonoel編集部

グリーンを育てて、暑い夏を賢く快適に過ごしませんか?

夏になると冷房のせいで冷えに悩んでいる。あるいは、毎年夏バテをしてしまうという人が多いのではないでしょうか? そんな人におすすめなのが、ベランダガーデニング。部屋の中が涼しくなるだけでなく、見た目も楽しめて、電気代も節約できるなどいいことずくめなんです。今から緑を育てて、夏を快適に過ごしませんか?

ベランダガーデニングの効果

ベランダガーデニングの効果

「夏バテ」の原因のひとつは冷房です。

暑い屋外と冷房の効いた室内との温度差による自律神経の乱れが原因のひとつ。そして、冷房で冷えた体は汗をかきづらくなるため、炎天下で体温調整がうまくできなくなることが夏バテを引き起こします。

そんな「夏バテ」を予防するには、冷房で体を冷やしすぎないこと。一日中、冷房を付けっぱなしという人は、暑さのピークを過ぎた時間帯に一旦冷房を切って部屋の空気を入れ換えてみましょう。そんな時に、ベランダや窓辺に置いた植物が力を発揮するって知っていましたか?

植物の葉の陰になっている部分の温度は、葉の表面温度よりも低いため、その空間を通った空気は冷やされ、植物周辺の温度が下がるといった効果があります。ベランダや窓辺に緑を置くと、まるで打ち水をしたかのように、涼しい風を室内に取り込むことができるというわけです。

初心者でも簡単に育てられる植物

初心者でも簡単ベランダガーデニング

ガーデニングに関する知識がない初心者でも簡単に育てられるのが、ルッコラやイタリアンパセリ、ローズマリーなどの食材にもなる植物。

基本的に1日1回水をあげるだけでOK。誰でも簡単に育てられる上、料理にも使うことができるので、育てる楽しみが増えるといったメリットも。

花を楽しみたいという人はインパチェンス、ガザニア、ペンタス、マリーゴールド、ペチュニアといった暑さに強い品種がおすすめ。特にマリーゴールドは、害虫を寄せ付けない成分が根から出ているので、虫除けの効果も。これらをいくつか揃えて、自分だけの庭を造ってみてはいかがでしょうか?

初心者は種から植えるのではなく、苗を買ってきて、好みの鉢やプランターに植え替えたほうが失敗が少ないでしょう。植物はベランダに直に置くのではなく、すのこや、台の上に乗せると水はけがよくなります。すのこや、植物を置く台は100均やホームセンターで安くオシャレなものを手に入れられるので、好みに合わせたものを選ぶと、ガーデニングが一層楽しくなりそうです。

上級者はグリーンカーテンにトライ

グリーンカーテン

鉢植えのガーデニングでも、涼を取り込む効果はありますが、さらに部屋を涼しくしたいという人は、グリーンカーテンに挑戦してみてはいかがでしょう。

グリーンカーテンとは、ゴーヤや、ヘチマ、アサガオといった蔓科(つるか)の植物を、ベランダなどで育て陽射しを遮るといったもの。予め100均などで売っている専用のネットを張って、そこに蔓が伸びるようにします。種を植える時期は、地域によって異なるので、ホームセンターなどで植える時期に最適な品種を選ぶといいでしょう。

グリーンカーテンは、生い茂った葉が直射日光を遮ってくれるので、室内温度の上昇を抑えることができます。また、葉から蒸発する水分が周りの温度を下げる効果も。そして何より、窓の外の風景が緑に覆われ、癒しの効果を得られるのが嬉しいですね。

ベランダが第2のリビングに?

ベランダに置いたアウトドア用の椅子

最近は100均やホームセンターで、安くおしゃれなガーデニング用の小物を買うことができます。おしゃれな鉢カバーや、アンティーク調のじょうろ、レンガやウッディな小物などで飾りつけて、アウトドア用のイスを置けば、ただの味気ないベランダが、第2のリビングに大変身!

お気に入りの音楽をかけて緑を見ながら、お茶を飲んだり、本を読んだりすれば、わざわざ外に出なくても贅沢なリラックスタイムを味わうことができます。

夏バテ予防や癒し効果、さらに冷房をつける時間が減って節電にもなる。体にも心にも、お財布にも優しいグリーンのある生活をすごすために、今から少しずつ準備を始めてみませんか?

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事