〈shiro 自由が丘〉のカフェメニューが100%ヴィーガンフードにリニューアル!

見つける

2018.6.14 text by:Kei Yoshida

〈shiro 自由が丘〉のカフェメニューが100%ヴィーガンフードにリニューアル!

国産コスメティックブランド・shiroが手がけるコンセプトストア〈shiro 自由が丘〉。この6月から、店内併設カフェのメニューがオールヴィーガンフードになりました。見た目にも美しく味も美味しいと評判の新メニュー。その一部をご紹介します。

素材の良さを引き出し、作り手の思いを伝える——ヴィーガンはそれを叶えるための、ひとつの方法。

がごめ昆布や酒かす、生姜に亜麻など厳選の“自然の原料”を使った、優秀かつユニークなプロダクトを発表し続けているshiro。カフェのメニューがヴィーガン仕様に様変わり、と聞くといかにも時代の流れに合わせた動きのような印象を受けますが、このリニューアルは最初から「for ヴィーガン」をコンセプトにしていたわけではありません。

shiroが信念として掲げ続ける「素材の素晴らしさを最大限に引き出したい」「生産者の想いを知って、正しく伝えていきたい」「自然の素材をシンプルに活かしたい」という強い想い。これらを満たすフードメニューとして、紆余曲折の結果たどり着いたのが、ヴィーガンフードという答えだったのです。

多様なメニューを監修したのは、中目黒の人気ヴィーガンカフェ〈Alaska zwei〉のオーナーでもあるフードプランナー・大皿彩子さん。生産者の元を訪れて直接想いを聞きながら、「美味しくなくてはshiroのメニューではない」と試行錯誤を繰り返し、従来のヴィーガンフードのイメージを覆す味とボリュームを実現しました。

メニュー①テリヤキバーガー、アボカドチーズバーガー

shiroカフェのハンバーガー

テリヤキバーガーは、玄米にマッシュルームや玉ねぎを合わせた旨味たっぷりの特製パテを、レタス、ナス、ソイマヨネーズと一緒にサンド。甘辛いテリヤキソースのとろみは、がごめ昆布の仕事です。ほんのりスパイシーなアボカドチーズバーガーは、特製パテに酒かすでつくったヴィーガンチーズを乗せて焼き上げました。ほのかな酒かすの香りと上品なコクが程よいアクセントに。

写真:左からテリヤキバーガー、アボカドチーズバーガー(ともにフライドポテト付き)各¥1,400

メニュー②トマトスープセット

shiroカフェのハンバーガー

ご飯派の方はこちらのプレートをどうぞ。その名の通り季節の野菜がごろごろ入った濃厚なトマトスープには、驚くほどプルプルで粘りの強い、新鮮な無農薬アロエベラ入り。ひとくちサイズの玄米おにぎりは、黒胡麻塩・梅&白胡麻・とろろ昆布の3種類。北海道は旭川市にある「上森米穀店」の玄米を使用しています。

写真:ごろごろ野菜とアロエベラのトマトスープセット(ひとくち玄米おむすび3つ付き)¥1,000

メニュー③パフェ

shiroカフェのハンバーガー

毎日数量限定での販売となるのが、豆乳やココナッツミルクなど、すべて植物性の素材で作った2種類のパフェ。しっかりと濃厚なのにしつこくない、ソイクリームならではのあと味が魅力です。北海道小麦で作ったクランブルのザクザク食感も◎!

写真:左からベリベリーチーズケーキ、チョコレート&カカオクランブル 各¥1,400

スキンケアからメイクアップ、フレグランス、Shiro HOMEのホームケアプロダクト、Shiro LIFEのセレクト食品まで、shiroが扱うほぼすべての商品が購入できるのはこれまで通り。胡麻や柚子などプロダクトにある素材を使ったスムージー、コールドプレスジュースなど、ドリンクメニューはテイクアウトも可能です。体の中からも外からもキレイを磨く自由が丘のビューティスポットとして、ブックマークしてみるのはいかが?

shiro自由が丘店

住所:東京都目黒区自由が丘2丁目9-14 アソルティ1F・B1F
tel:03-5701-9146
営業日:10:00〜20:00/無休(年末年始を除く)

https://shiro-shiro.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード