1分でできる!かたまりやすい腰をストレッチしましょう!腰痛に効果的なヨガポーズ

整える

2018.6.28 text by:Miwa

1分でできる!かたまりやすい腰をストレッチしましょう!腰痛に効果的なヨガポーズ

猫背改善にも効果的!腰回りの筋肉にアプローチして、腰痛緩和につなげていきましょう。

胸を開いて腰まわりもストレッチするポーズ ウッティタトリコナーサナ 伸びた三角のポーズ

パソコン仕事が続き、猫背からくる腰痛や、立ちっぱなしなどの同じ姿勢からくる腰痛、運動不足などによる骨盤周りの筋力低下からくる腰痛など、人によって原因はさまざまですが、腰痛は現代人にとって慢性的な悩みといえるでしょう。実は腰だけが悪いのではなく、他の部分から複合的に腰痛が起こっている場合が多く、このヨガポーズは内太もものストレッチにも、腰の筋肉のストレッチにも背骨にもアプローチできます!とても万能なポーズですね。ひざの高さくらいの台やヨガブロックがあると初心者の方でもしっかり効果を得られますよ。

【1】両手を肩の高さに広げ、手首の真下に足首が来るくらい両足を大きく広げます。最低でも脚の長さ1本分くらいは広げましょう。狭いと腰が伸びにくいです。

【2】左足のつま先をやや内側に向け、右足のつま先を90度外に向けたら、外に向けているつま先の方へ、外に向けて伸ばしいている右足に向かって背筋を伸ばしたまま上半身をスライドするように倒します。

骨盤を傾けて脚の付け根を引き込むようにして内太ももを伸ばしましょう。片方の腕は腰に沿えておきます。腰が伸びにくくなるので、猫背になったり下のわき腹がつぶれてしまったりしないように気をつけましょう。

【3】横にスライドしていた手を床に下げ、腰にあった手を上に伸ばします。手が床につかない場合、すねか膝の高さの台やヨガブロックに手を添えます。下のわき腹を天井に回し上げ、胸を開くと背骨にも効果的です。胸を張ったまま背筋が伸びていることがポイント。

【バリエーション】より効果を高めるために、上の手を頭の先に倒すとわき腹もよく伸ばすことができます。猫背からくる不調の場合、体の側面にある筋肉が縮んでいる場合が多いです。背中が丸まっていると、逆に腰を痛める原因になるので要注意。

ライター:Miwa

FIRSTSHIP講師。ヨガインストラクターとしてレッスンをするほか、新人インストラクターの指導も担当。ヨガの学びをライフスタイルに活かせるよう分かりやすく伝え、生徒から支持を得ている。全米ヨガアライアンスRYT500のほか、マタニティヨガ指導者、ヨガセラピー指導者、陰ヨガ指導者、リストラティブヨガ指導者の資格を保有。ヨガのほか、ファンクショナルトレーニングにも関心がある。

http://www.firstship.net/

MIWAさん(ライター用)

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード