ヨガフェスタ横浜2018 ヨガジャーナル×FIRSTSHIP特別レッスンレポート

見つける

2018.10.9 text by:Tonoel編集部

ヨガフェスタ横浜2018 ヨガジャーナル×FIRSTSHIP特別レッスンレポート

毎年9月に開催される日本最大級のヨガイベント「ヨガフェスタ横浜」をご存知ですか? 国内外の著名なヨガ指導者の特別レッスンに参加できたり、おしゃれなヨガウェアがイベント価格で購入できたりと、ヨガ好きにはたまらないイベントです。先日開催されたヨガフェスタ横浜2018では、ヨガティーチャーの浅野佑介さんと、ヨガスクールFIRSTSHIP講師のMayumiさん、Kaoriさんがリレー形式で行うレッスンをヨガジャーナルとのコラボレーションで実施! 今回はそのレッスンの様子をレポートします。

「あと5cm伸びたい!」を叶えるスペシャルレッスン

ヨガレッスンに通い続けていると、「憧れのあのポーズもできるようになりたいな」と感じることありますよね。でも、体の硬さからもう一歩のところで踏みとどまっている方も多いのでは? そこで今回のスペシャルレッスンでは、肩甲骨、背骨、股関節の可動域や柔軟性を高めることで、憧れのポーズができる体を目指すリレー形式のレッスンが開催されました。

硬くなった股関節をほぐし、これから始まるチャレンジへの準備を整える

まずはMayumiさんによる股関節パートからスタート! リラックスした状態で股関節をストレッチしたあと、ダウンドッグやプランクポーズで股関節をしっかり伸び縮みさせ、可動域を広げていきます。
「呼吸が心地よくできているかを意識しながらチャレンジすることを楽しんでね!」と笑顔で語りかけているのが印象的でした。

足裏でしっかり立って背骨を伸ばす

次のパートは、浅野佑介さんによる背骨を伸ばすパート。チャレンジングなポーズにたくさん挑戦しながら、上半身を伸ばしていきます。「背骨を伸ばすには、足裏にある母指球でしっかり床を捉えながら立つことがポイント」と浅野さんは言います。参加者のみなさんも、しっかり床に踏み込むことで自然と背骨が伸びて姿勢がよくなり、慣れ親しんだポーズでも体がじんわり熱くなっていくことを感じられたようです。

凝り固まりがちな肩甲骨ほぐし、胸を広げていく

最後はKaoriさんによる肩甲骨を伸ばすパートへ。肩甲骨は日常生活であまり動かさないからこそ、硬くなりがち。体をねじりながら腕を後ろに回していくと、ゴリゴリになっている肩甲骨がほぐれていきます。さらに半月のポーズから肩甲骨をねじりつつ胸を開くことにチャレンジ!参加者の皆さんは苦戦しつつも、真剣にポーズに取り組み、一歩先の自分を目指して体と向き合っていました。

特別レッスンの学びを生かすピークポーズ

股関節、背骨、肩甲骨と、下半身から徐々に上半身に向かってほぐし、伸ばしてきた集大成として挑戦したポーズは、「ねじった半月の弓のポーズ」。浅野さんのブレないポーズデモを見て、参加者の全員が思わず歓声を上げます! 完璧ではなくても、レッスン参加前の体よりも可動域が広がっていることを感じながら、全員で難易度の高いポーズにも果敢にトライしていきました。

「あと5cmを伸ばす」をテーマにしたヨガフェスタ横浜2018での特別レッスン、いかがでしたか?より詳細なレッスンレポートがヨガジャーナルオンラインにて掲載中。興味のある方はそちらもぜひチェックしてみましょう!

あと5cm伸びたい...を叶える!「肩甲骨、背骨、股関節の可動域を広げるヨガ」開催レポート

https://yogajournal.jp/2179

Tonoel編集部

Tonoel編集部はヨガインストラクター養成機関のFIRSTSHIPと連携し、ココロとカラダを心地よく調和させるヒントとなる情報を調査・編集の上、お届けしています。

Tonoel編集部

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事