寒さや乾燥が気になる季節目前! オイル美容液で夏のお疲れ肌を癒そう

整える

2018.10.15 text by:Tonoel編集部

寒さや乾燥が気になる季節目前! オイル美容液で夏のお疲れ肌を癒そう

10月に入り、少しずつ肌寒さを感じる瞬間も多くなりました。今年の夏は猛暑日と呼ばれる日が多く、UVケアをしていてもなんとなく日焼けしていたり、ゴワつきや乾燥が気になったりした方も多いことでしょう。空気の水分量が減り、より乾燥が気になる季節は目前です。夏に受けたダメージを冬に持ち越さないよう、日々のスキンケアにオイル美容液を取り入れてみませんか? 今回は国産オーガニックブランド「アムリターラ」から冬限定で発売されている<モリンガシードオイルセラム>をご紹介します。

奇跡の植物「モリンガ」とは?

健康や美容に関する情報をキャッチしていると、その名前を耳にすることが多くなってきたモリンガは、植物の中で世界一栄養価があると言われている植物です。モリンガは、インドの伝承医学アーユルヴェーダでも有益な植物とされ、あのクレオパトラもオイル美容に用いていたと伝えられています。<モリンガシードオイルセラム>は、モリンガの種子から搾ったオイルがぜいたくに使用されたオイル美容液。モリンガの種子オイルには、オレイン酸が約70%も含まれており、人間の皮脂と近く、肌馴染みがいいのが特徴。浸透力が高いため、ベタつかず、オイルが苦手な方にもおすすめです。また、このモリンガの種子には、水の浄化を促進する働きがあり、浄化のパワーもあるそう。

フェアトレードのモリンガを使用することで、スキンケアをしながら社会貢献

この商品に使われているモリンガオイルは、フィリピン・イロコスノルテ州の在来種。輝き成分と言われるベヘン酸の含有量が通常のものよりも高く、真珠のようなつややかなお肌に導きます。また、現地スタッフの子どもたちが大学まで行けるよう独自の資金体系を使い、正当な対価を生産者に支払っている団体が扱う、フェアトレードのものを使用しているとのこと。さらに売上の一部はフィリピンでのモリンガの植林にも活用されるそう。お肌を優しくケアしながら、発展途上国のサポートもできるのは素敵ですね。

モリンガのパワーを力強くサポートする自然由来の精油

<モリンガシードオイルセラム>には、モリンガオイルだけでなく、パルマローザ・ビャクダン・ローマカミツレの精油が配合されています。
■パルマローザ…バラに含まれる女性に嬉しいゲラニオールを多く含有。抗炎症・抗菌・エイジングの効果が期待される
■ビャクダン(サンダルウッド)…古くから宗教儀式に使われ、瞑想によく使われる香り。抗炎症・肌荒れ・乾燥肌の効果が期待される
■ローマカミツレ…お肌にハリを与え、肌荒れを防ぐ。ほどんどの肌質に対応。抗炎症・乾燥肌・肌荒れの効果が期待される。
植物が持つ力で美容効果をさらに高めつつ、甘さの中に少しオリエンタルな雰囲気を感じる香りに心も癒されます。

夏の強い日差しもようやく終わり、外を出歩くのも気持ち良い季節となりました。秋になったからと油断せず、気づかない間に蓄積していた紫外線ダメージをケアしながら、しっとりツヤツヤのお肌をキープしたいものです。<モリンガシードオイルセラム>を使って、乾燥する冬場も乗り越えられるお肌を目指しましょう!

モリンガシードオイルセラム 20ml 5000円(税抜)


アムリターラWEBショップ

https://www.amritara.com


アムリターラハウス表参道店/梅田蔦谷書店

https://www.amritara.com/house.html

Tonoel編集部

Tonoel編集部はヨガインストラクター養成機関のFIRSTSHIPと連携し、ココロとカラダを心地よく調和させるヒントとなる情報を調査・編集の上、お届けしています。

Tonoel編集部

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード