ヨガと心理学の知識を融合して、私だからできることを提供したい〜ヨガ講師 Lieさんの場合Part2〜

整える

2018.11.17 text by:Tonoel編集部

ヨガと心理学の知識を融合して、私だからできることを提供したい〜ヨガ講師 Lieさんの場合Part2〜

大学院まで心理学を学び、心理カウンセラーとしてサポートを必要としている方々に寄り添ってきた後、FIRSTSHIP大阪でヨガ講師として活躍されているLieさん。自分のための時間をすごそうと考えたところから、短期集中トレーニングで全米ヨガアライアンスRYT200を取得し、ヨガインストラクターを育成するヨガ講師にキャリアチェンジされたLieさんに、Part2では資格取得後の働き方や、将来の夢についてお話していただきました。

今の私がしたいこと、自分自身を大切にすることを考えたときに、ヨガインストラクターを目指すことにした

―Tonoel編集部(以下T)
LieさんはRYT200を取得後、どんな生活をしていましたか?

―Lie(以下L)
地元から大阪へ出てきて、知り合いの整骨院で受付の仕事をしながら、空いている時間にその整骨院のスペースでヨガレッスンを提供していました。

―T
心理カウンセラーの仕事に戻るのではなく、整骨院の受付をしながらヨガインストラクターの活動を始めたのはなぜですか?

―L
資格を取ったことをSNSにアップしたら、偶然、その投稿を見た知り合いが「今度整骨院を開業するから、そこでヨガレッスンをやらない?」と声をかけてくれたんです。ご縁だなと思いました。また、宮古島へトレーニングに行ってみて、自分のクセに気づくことができました。そこで自分を大切にするということを身をもって体験したときに、今また心理の仕事に戻ったら、自分を大切にできない働き方をしてしまうような気がしたんですね。心理の仕事に戻るのは今じゃないなと思ったのが、ヨガの仕事をしようと思ったもう一つの理由です。

整骨院での仕事の話をもらってから2ヶ月くらいは悩みました。でも、「今の自分がやりたいことは?」と、なんの束縛もなく考えたときに、自分の心がワクワクしたのはヨガインストラクターだったので、ヨガを選びました。

―T
スタジオに所属しないフリーのインストラクターからFIRSTSHIPの講師になるまでは、どんな活動をしていたのですか?

―L
ヨガレッスンを提供するとなったときに、もっと知識を吸収したいなと思いました。そこで、自分自身がいろんな人のレッスンを受けなければと感じました。そのタイミングで、ちょうどFIRSTSHIP大阪がオープンしたというチラシが自宅のポストに入っていたんですね。じゃあマンスリー会員として入会しようと思い、体験レッスンを受けに行きました。スタジオの雰囲気もいいし、レッスンの種類もたくさんあるし、自分のためにここでヨガをしようと、マンスリー会員になりました。

その後、残念ながら勤務先の整骨院が閉院することになり、実家に帰るかどうかを悩みました。でも、やっぱり今はヨガに携わる仕事がしたいと思いました。その頃、FIRSTSHIPもインストラクター職の求人が出ていたので、応募してみたら採用していただけたので、2017年の3月から所属しています。

一度距離を置いた心理の仕事にも、ヨガの知識を融合して関わっていきたい

―T
ヨガインストラクターではなく、インストラクターを育成するヨガ講師という仕事はどんなイメージでしたか?

―L
実は、FIRSTSHIPに採用されないと思っていて、最後に受けたんです(笑)。ありとあらゆるスタジオを受けていましたが、ことごとく落とされてしまい……。マンスリーの会員だからこそ、不合格だったら気まずいし、レッスンに通えなくなると思い、本命だからと、最後に受けました。

「講師」と書いてあっても、最初はインストラクターからなんだろうなという気持ちで入社しました。入社してから、「そうか、自分がトレーニングを受けていたときにいろいろなことを教えてくれた先生たちが講師なのか!」と、イメージが結びつきました。今は、講師をさせてもらえる機会と環境に恵まれたからこそ、できるだけのことはしようと考えています。そのために、もう一回ヨガについて勉強し直さなきゃとも感じました。今も毎日勉強している感覚です。学べば学ぶほどいろんなことを知ることができるので、今の働き方になってよかったなと思っています。

―T
インストラクターとしてと、講師としての今の立場に違いはありますか?

―L
全然違いますよね。インストラクターでももちろん知識は必要ですし、提供するものに抜け目があってはいけないと思います。でも、講師はより細かいところまで自分の知識や技術を磨いておかないといけないですし、責任も大きいです。講師の仕事は、ヨガを伝えていく人にヨガの学びを伝えることだから、私が話したことがすごく残ることもあるでしょうし。

私も、先生に言われたことはすごく心に残っているし、だからこそ最初はすごく怖かったです。私が言ったことで価値観を植え付けてしまうのでは?とその責任感に押しつぶされそうにもなりました。でも、世の中にはさまざまな価値観があるし、いろいろな物事の見方がありますよね。人生も同じで、あなたらしくもっと楽に生きていいんだよと、授業で伝えられたらいいなと思うようになりました。そこからすごく授業もやりやすくなったし、以前よりは生徒さんとの距離も近くなれたかなと感じています。

―T
思いがけずRYT200を取ったところからヨガを仕事にされ、さらにインストラクターを育成する講師というところまでキャリアチェンジしてこられましたが、この先の目標はありますか?

―L
今の私は、心理カウンセラーの仕事を辞めたときの自分とは全然違うと感じています。物事の見方や、自分自身の扱い方が、ヨガを実践したおかげで変われたからです。だからこそ、心理の仕事もこのまま完全に辞めちゃうのももったいないのかなと。人の心や精神を扱う点では、ヨガと心理はすごく近いものがあります。今はまだ、私の中で具体的なアイデアはありませんが、心理学とヨガの知識を融合して、私だからできることが何かないかな?と探っていけたらいいなと思っています。

―T
卒業された大学に、今度はLieさんが心理の知識を持ってヨガを教えに行くのもいいですよね。

―L
そうですね。大学の中でそういうニーズがあれば、ヨガを広めていくきっかけになりますよね。数年前の自分と同じ立場の人だからこそ、何か伝えられることもあるのかなと思いますし、夢は膨らみます(笑)。

私は、心身ともに健康でいることが大切だと感じています。じゃないと、どんな仕事でも働くことはできません。でも、私はヨガを通して健康を取り戻すことができました。「あ、健康ってこういうことだな」と再確認できたんです。もちろんやってみないとわかりませんが、以前の私とは違う働き方ができるのでは?と、今は思っています。

―T
本日は素敵なお話ありがとうございました。

Lieさんが全米ヨガアライアンスを取得するまでのお話はPart1をご覧ください!
https://tonoel.jp/article/4925

あなたにライフスタイルに合うヨガの学び方をFIRSTSHIPが提案します

ヨガスクールFIRSTSHIPのカウンセリング予約はこちらから


FIRSTSHIPの国内短期集中トレーニングスケジュール

https://www.firstship.net/search/kokunaitanki


FIRSTSHIPの海外短期集中トレーニングスケジュール

https://www.firstship.net/search/result-kaigai

Tonoel編集部

Tonoel編集部はヨガスクールのFIRSTSHIPと連携し、ココロとカラダを心地よく調和させるヒントとなる情報を調査・編集の上、お届けしています。

Tonoel編集部

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード