【1年を健康に過ごす秘訣】春を快適に過ごすアーユルヴェーダの養生法

整える

2019.2.5 text by:Sahoko

【1年を健康に過ごす秘訣】春を快適に過ごすアーユルヴェーダの養生法

毎日寒いさむいと思いながらも夕方になると、少しずつ日が長くなってきていることに気付いたり、野菜売り場では菜の花、ブロッコリーやスナップエンドウなどグリーンの野菜を多く見かけたりするようになり、春が近づいてきていることを感じるようになってきました。早く症状が出る人は、年明けくらいから花粉症に困っている人もいるのではないでしょうか?自然の中で生活をしている私たち。季節が移り替わっていくときには、私たちもその季節に合わせた生活への切り替えが必要です。今回はアーユルヴェーダの春の養生法をご紹介します。

春に多くみられる不調

春の不調の代表格はなんといっても花粉症ですよね。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目ヤニや目の痒みなどの症状が出ることが多いですが、それだけではなく鼻づまりから眠りが浅くなって疲れが取れなくなる、風邪が治らず咳や痰がからみ、不調が長期間続くということもよく聞きます。また、体の冷えやむくみ、眠気が取れない、心もなんとなく重く鬱っぽくなるという症状も春に出やすいものですね。

これらの症状は、アーユルヴェーダでは“カパ”という生命エネルギーの悪化によるものと考えます。アーユルヴェーダでは体の生理機能を担うとても大切な3つのエネルギーのことをトリドーシャと呼びます。カパはこのトリドーシャの1つです。ドーシャのバランスがよいと健康になり、バランスを崩すと不調が生じると言います。

カパは、体の潤いや栄養、骨、筋肉、組織、細胞、体液といった体の構造をつくるというとても大切な生理機能を担っています。しかし、増え過ぎるとトリドーシャのバランスの乱れとなり、病気を引き起こすことになるのです。

春は冬に溜め込んだ“カパ ”のエネルギーが強くなる季節

冷たい風が吹き、寒く乾燥した冬には、“ヴァータ”というエネルギーが高まるため、体も冷えやすく肌や喉の乾燥が生じます。そこで私たちは、温まろうとシャワーだけではなく湯船につかる、温かいドリンクや食事を取る、乾燥した肌にはオイルやクリームなどで保湿をしますよね。これは、季節の中で増えている ヴァータのエネルギーのバランスをとるための働きです。ヴァータが持つ「冷・軽・乾燥」という性質とは反対の「温・重・油(潤)」というカパの性質を取り入れることで、バランスを整えているのです。食事も温かく適度に油分と水分が含まれ、体に力強さを与えてくれるような重たさのあるもの、例えば乳製品や肉、魚、卵、穀物など冬の時期には少しこってりしたものも摂取しますよね。

これは、見方を変えるとカパというエネルギーの重性や油性を体内に増やしていることになります。こうして冬の間に体内に蓄積されたカパが春の暖かさで溶け出すとアーユルヴェーダでは表現されます。カパは粘液を通して体の外へと排出されるため、冬に溜め込んだカパが多いと春に粘液が増え、鼻水や痰などが増えるという症状となって現れるのです。

春は消化力が低下する

冬の寒い季節には冷えによって“アグニ”といわれる消化力も低下すると思うかもしれませんが、実は逆に消化力は1年を通して冬が一番強くなっています。強いアグニにより、栄養のあるものを摂取し、消化、吸収、代謝をして体に力強さを与えることができるのです。これもカパを増やすことになります。

そして、暖かくなってくる春へと進むにつれて消化力は徐々に低下していきます。日本では新春1月7日には七草粥を食べて、お正月のごちそうの消化に使った内臓を休ませる習慣がありますね。アーユルヴェーダの視点からみても、この習慣はとても良いものです。
冬の食生活をここで一旦リセットをすることが、カパを増やしすぎないためにはとても大切です。

年明けからアグニは少しずつ低下していきます。七草粥を食べることで七草が体内の解毒を助け、お粥は消化しやすく低下したアグニを回復するにはもってこいの食事です。
アグニが低下しているのに、クリスマスや年末年始に食べるような動物性タンパク質の多い食事、揚げ物、乳製品をたくさん使った食事など、消化に負担をかけ続けると“アーマ”と呼ばれる未消化物が体の中に増え、それがさまざまな病気の引き金となります。春は特にアレルギー症状として出てくることになるのです。

刺激を与え、旬の春野菜を食べよう!

増え過ぎたカパを落ち着けるためには、食べ過ぎに注意して体も頭も積極的に使い、少し刺激を与えること。軽く息が上がったり、汗ばむ程度の運動をすると体が温まったりと、心身ともにスッキリしますね。これはカパのバランスをとるのにピッタリです。オイルトリートメントのイメージが強いアーユルヴェーダですが、カパが増え、冷えやむくみを感じやすいこの季節には乾布摩擦がオススメです。絹手袋をして、体の末端から中心に向けて毛の流れに逆らうように肌に刺激を与えます。摩擦によって体が暖まり、代謝が上がって老廃物の排出が促されます。

食事でも黒胡椒や生姜、山椒、唐辛子など少量のスパイスを加えて刺激を。このような辛味のスパイスは、消化力を高めるとともにカパも鎮静させてくれます。
また、旬の野菜をいただくこともオススメです。春にはフキノトウ、タラの芽、筍など苦味や渋味をもった山菜類やグリーンの葉物野菜を食べましょう。苦味や渋味は体の余計な水分を絞り出し、毒素の排出を助けてカパのバランスをとることができます。春の七草に含まれる「すずな(カブ)」、「すずしろ(大根)」も消化優しい野菜です。苦味と渋味が含まれる葉っぱまで丸ごといただきましょう!

甘いものが溢れる季節だからこそ食べ過ぎ注意

気を付けないといけないことは、揚げ物や動物性タンパク質、油分、糖分、穀物、乳製品(ヨーグルト、チーズ、アイスクリーム等)など消化に時間がかかるものを摂り過ぎないこと。2月にはバレンタインという大きなスイーツイベントがあり、甘いもの好きには我慢しがたい季節。チョコレートをはじめたくさんのスイーツが出回りますが、くれぐれも食べ過ぎないように!甘いものが欲しくなったら、生ハチミツを加熱せずにそのままスプーン1杯、またはコップ一杯のぬるま湯に溶かしていただきましょう。ハチミツは甘いけれどカパのバランスをとってくれますよ。

ツライ鼻のムズムズケアにはこちらの記事『鼻のムズムズ、鼻づまりがスッキリ! “鼻うがい”のメリットと正しいやり方』もぜひご参照ください。

ライタープロフィール:Sahoko

ヨガライター。福祉領域の知識と経験をヨガの学びと融合、真のヨガを伝え、その恩恵を一人でも多くに得てほしいと考えている。ヨガとアーユルヴェーダは超高齢社会の日本を変えるというのが信念。

社会福祉士、福祉マネジメント修士、アーユルヴェーダ講師。全米ヨガアライアンスE-RYT500。ヨガスクールFIRSTSHIP講師。

ライターSahokoの他の記事はこちらから。

Sahoko(ライター用)

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事