春はデトックスに最適な季節!おすすめ春野菜とスープレシピ

食べる

2019.3.14 text by:Yoko Takeuchi

春はデトックスに最適な季節!おすすめ春野菜とスープレシピ

自然界が「静」から「動」へと動きはじめる春。冬の間眠っていた動植物たちが春に目覚めるように、気温の上昇とともに私たちの心身も活発に動きだすと考えられています。そんな春がデトックスに最適な季節といわれるのをご存知ですか?その理由と、デトックス食材の春野菜を使ったおすすめレシピをご紹介します。

春はなぜデトックスの季節?

東洋医学において春は解毒の臓器・肝臓の働きが高まるため、一年間で最もデトックスに最適な季節といわれています。冬の間に溜め込んでしまった老廃物や毒素を排出し、心と体を一新する最適なタイミングというわけですね。

今が旬の春野菜にデトックス効果が!

デトックスを促す食材として、この時期積極的に取り入れたいのが旬を迎える春野菜。特有の苦味や香りは植物性アルカノイドやポリフェノールに由来するもので、体の細胞内に溜まった老廃物を排出するほか、肝臓の機能をサポートする働きがあるといわれています。おすすめの春野菜をその効果とともにご紹介します。

春キャベツ

一年中店頭に並ぶキャベツよりも柔らかく甘味があり、生でも食べやすいのが特長。免疫力をアップさせ疲労回復にも効果的なビタミンCや肝臓の解毒作用を促すビタミンUなど豊富なビタミン類が含まれます。

・菜の花

春を告げる鮮やかな黄色の花が印象深い菜の花ですが、花が咲く前のつぼみの状態でいただく春野菜の一つでもあります。カリウムや鉄分などのミネラルが豊富で、新陳代謝を促進する作用が。

・アスパラガス

含まれるアミノ酸の一種・アスパラギン酸には、免疫力を高め、疲労回復、肝臓や腎機能の向上、利尿作用などの働きがあります。

・たけのこ

カリウムや食物繊維を豊富に含むデトックス効果の高い食材。苦味を構成する成分・チロシンには、疲労回復や自律神経を整える効果もあります。

栄養まるごと!春野菜スープレシピ

春野菜の栄養を効率的に摂取するにはスープがおすすめです。生で食べるよりも量や種類をたくさん摂取できるほか、胃腸にも優しく消化促進効果も。

<春野菜のコンソメスープ>

シンプルな味付けで、春野菜の甘みが感じられるやさしいスープです。

[材料] 2人前
春キャベツ 3枚
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/3本
トマト  1/2個
ベーコン 4枚
コンソメ 1.5個
水    500cc
塩・こしょう お好みで適宜

[作り方]
野菜、ベーコンを好みの大きさに切り、水とコンソメを加えた鍋で10分~20分ほど煮たら、仕上げにお好みで塩・こしょうで味を調えて完成。

<春キャベツとたまねぎのポタージュ>

みずみずしく甘い春キャベツの美味しさが詰まった濃厚スープ。牛乳を豆乳に変えても美味しくいただけます。

[材料] 2人前
キャベツ   3枚
玉ねぎ   1/4個
牛乳   100cc
水    約70cc
塩・こしょう  適量
エキストラバージンオリーブオイル  お好みで少々

[作り方]
ざく切りにしたキャベツと薄くスライスした玉ねぎをサラダ油を敷いた鍋でしんなりするまで炒めたら、水を加えて10分ほど煮込みます。野菜がやわらかくなったら鍋の材料をミキサーに移し、牛乳を加えて撹拌。なめらかになったら再び鍋に戻して温め、塩こしょうで味を調え完成です。お好みでオリーブオイルを数滴たらすと風味がアップ。

デトックスに最適な春は、食卓に旬の春野菜を取り入れて、ひと冬溜め込んだ老廃物を排出し、軽くなった心と体で新しい季節を過ごしましょう。 また、春は新生活が始まる人も多いはず。このタイミングでライフスタイルそのものを見直して、無理なくデトックスできる生活習慣もあわせて実践してみませんか?

ライタープロフィール:Yoko Takeuchi

ダンスインストラクターを経てヨガに出会う。2016年にヨガスクールFIRSTSHIPの海外短期集中トレーニングでハワイ島に渡り、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。帰国後はヨガインストラクターとして活動しながら、温泉ソムリエ、食育指導士の資格やフリーアナウンサー経験を活かし、さまざまな角度から人々の心とからだの調和と笑顔に寄与していきたいと願っている。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード