おうち風呂で至福のリラックスタイムを♪簡単しゅわしゅわ“バスボム”レシピ

整える

2019.5.4 text by:Yoko Takeuchi

おうち風呂で至福のリラックスタイムを♪簡単しゅわしゅわ“バスボム”レシピ

皆さん、日々のバスタイムは充実していますか?忙しくて毎日ゆっくりと入浴する時間がとれない!という人も、新生活が始まった何かと忙しいこの時期は、ゆっくり自分を癒す時間としても、またその後の良質な眠りのためにも、心と体をリラックスさせる入浴はとても大切にしたいもの。今回は、そんなバスタイムをより楽しいひと時にする「バスボム」のレシピをご紹介します。お家にあるもので手軽に作れてちょっとしたプレゼントにも喜ばれますよ。

春は特に大切にしたいバスタイム

不安定な気候や新しい環境下でのストレスなどによって、心身とも何かと不調をきたしやすい春。特に自律神経の乱れが頭痛や不眠、イライラなどの症状を引き起こします。そんな春の揺らぎやすい心身を落ち着かせるためには、一日の終わりに湯船に浸かってゆっくり体を温めることが大切。副交感神経を刺激してリラックス状態になることで心身のリフレッシュと安眠に導きます。

入浴をより楽しくするバスアイテム

ただお湯に浸かるだけでも充分効果的ですが、一日頑張った自分へのご褒美として、あれば更に嬉しいのが入浴剤。粉末・液体・錠剤タイプ、また色や香りも実にさまざまな種類があり、目的や気分に合わせてチョイスするのも楽しみの一つといえます。

今回作り方をご紹介するバスボムは、主に重曹やクエン酸を材料とした発泡性の入浴剤の一種のことで、アロマオイルなどをブレンドすることで、より一層癒し効果が高まる人気のバスアイテムです。

バスボムのメリットとは?

ただ気持ちいいだけではなく、バスボムを入れての入浴は嬉しいメリットもあるんです。具体的に見ていきましょう。

  • 炭酸浴で血行促進
    発泡性の炭酸ガスは、肌への刺激となり心地よいだけでなく、二酸化炭素が末梢血管に入り込み血管を拡張する作用があります。血液の巡りがよくなるため、疲労物質や老廃物を体の外に排出し、代謝アップが期待できます。
  • 香りでリラックス
    香りは五感の中で唯一、脳に直結して本能に働きかけるもの。いい香りをかぐとリラックスするのも、香り成分が鼻の粘膜から脳に信号を送って自律神経を刺激し、心地良さを生むメカニズムによるものです。バスボムの香りで効果的にリラックスして心身を緩めましょう。
  • 材料に含まれる成分の効果
    バスボムの主な材料の成分にも肌にプラスの効果が含まれます。
    ①重曹
    弱アルカリ性の重曹は別名炭酸水素ナトリウムと呼ばれ、たんぱく質を分解する働きがあります。このため古い角質を除去し肌のターンオーバーを促すほか、黒ずみやくすみの改善も期待できます。

    ②クエン酸
    クエン酸には肌の表面をなめらかにし、代謝を促進する作用があります。同時に血液をサラサラな状態にする働きがあり、血流が良くなることで、美肌効果や冷え性改善、新陳代謝アップにもつながります。

簡単!バスボムレシピ

市販のバスボムを選んでいるだけで楽しい気分になれますが、手づくりすれば低コストで、自分好みの香りを取り入れて作ることができるのが嬉しいポイント。そんな簡単バスボムレシピをご紹介します。

【材料】(手のひらサイズ1個分)

・重曹(食物用):大さじ2
・クエン酸:大さじ1
・片栗粉(コーンスターチでも可):大さじ1
・水:5滴程度
・お好みの精油:5~10滴
・ポリ袋
・プラスチックカップまたはサランラップ(固める際に使います)
・食紅(色を付けたい場合)

【作り方】

1.薄手のポリ袋に重曹・クエン酸・片栗粉を入れてよく混ぜます。
2.少量ずつ水を加え、袋の上から手でぎゅっと握ると指の形が残るくらいまで粉類を硬い状態にします。
3.お好みの精油と、色を付けたい場合は食紅を加えます。
4.混ぜ合わせたものをラップの中心に置き、茶巾絞りの要領でぎゅっと強く丸めるか、カップに中身を入れて上から強く押し詰めるようにします。
5.そのままの状態で半日~一日置けば完成!

【注意】
・4の工程で、しっかりと固めて成型することがポイントです。
・クエン酸は酸性のため、塩素系のものと混ぜないでください。有毒ガスが発生する恐れがあります。

筆者は材料を3倍にして、100円ショップで販売されているハート形のシリコン型製氷皿に入れて制作。袋に入れた材料を混ぜて固めるだけなので思っていた以上に簡単に作ることができました。
出来上がったバスボムはお湯に入れるとシュワシュワと音を立てながら溶けていき、ふんわりと香るアロマに癒されながら普段のバスタイムがより楽しく感じられましたよ。

ゴールデンウィークのちょっとした空き時間に手作りしてみるのもおすすめ。春は手作りバスボムで至福のバスタイムを過ごしませんか?

ライタープロフィール:Yoko Takeuchi

ダンスインストラクターを経てヨガに出会う。2016年にヨガスクールFIRSTSHIPの海外短期集中トレーニングでハワイ島に渡り、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。帰国後はヨガインストラクターとして活動しながら、温泉ソムリエ、食育指導士の資格やフリーアナウンサー経験を活かし、さまざまな角度から人々の心とからだの調和と笑顔に寄与していきたいと願っている。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事