「変わりたい」と思ったその時がチャンス!自分を変える4つの方法

整える 見つける

2019.5.7 text by:Yoko Takeuchi

「変わりたい」と思ったその時がチャンス!自分を変える4つの方法

書店に並ぶ自己啓発本や、SNSで友人の充実したライフスタイルを見ることで、「今の自分を変えたい」と思ったりすることはありませんか?自分は完璧!大好き!という人も中にはいるかも知れませんが、多くの人が何らかのタイミングで今の自分自身から変わりたい、より良い自分になりたいという願望を持った経験があるはず。
理想の自分になるために実際どう行動したらよいのか、この記事では自己変革のためのヒントをご紹介していきます。あなたがいい方向に変わることで、何気ない日常をより豊かなものにして行きましょう。

「変わりたい」は向上心の現れ

何らかのきっかけで沸き起こる「自分を変えたい」という思いは、最初はネガティブな感情から生まれることも多いもの。ただその一方で、もっとこうありたい、良くなりたいという向上心の現れでもあり、自分をより良い方向へ変革するチャンスでもあるといえます。

自己変革のために今日からできる4つの方法

変わりたいと思った時、どんな行動で変化を起こせばよいのでしょうか。大切なのは、自分に新たな刺激を与えてみることです。とはいえ、今すぐ生活や考え方を変えるのは難しいですよね。そこで、行動パターンから変えてみてはいかがでしょう?日常の中で実践できる4つの方法をご紹介します。

1.自分のいる“世界”を広げる

手っ取り早く自分を変えるには、自分のいる世界(交友関係)を広げるのが得策です。見知らぬところにいきなり飛び込むのは気が引ける…という人は、同じ職場でも普段あまりコミュニケーションを取っていない人と話してみるとこからスタートしてみましょう。何気ない会話が思いがけず新しい発見や自分の世界を広げるきっかけを呼び込んでくれるはずです。

人見知りで親しくない人と話すのが苦手な場合は、Tonoelで紹介している「今日からできる!新生活スタートの前に実践したい「人見知り」克服法」をチェックしてみてください。

2.毎日の時間を有効活用する

いつもよりほんの少し早寝早起きする。それだけで自分を変えるきっかけに十分なります。質の高い睡眠は疲労回復や美肌作りに効果的で、健康的な自分に変われますし、朝の時間も使い方次第では思考整理や目標達成が可能です。寝付きが良くなる呼吸法や、効果的な朝活方法もぜひご覧ください。

休みの日は日頃の疲れを癒したい…と寝て過ごしている方も多いと思います。もちろん体を休めることは大切ですが、休日の過ごし方次第で、体を休めつつも、新しい発見や出会いに触れることが可能です。億劫な気持ちを手放して、ほんの少し外へ出てみませんか?休日の過ごし方はTonoelでも紹介中です。

4.家族や友人など、目の前にいる人とのコミュニケーションを大切にする

スマートフォンは手軽に情報を手に入れることできる一方で、その情報に振り回されていると感じることはありませんか?
SNSで見た友達の生活が羨ましく思う、溢れる情報に疲弊していると思う方は、スマートフォンやパソコンを閉じて、家族や友人など目の前にいる人のコミュニケーションを楽しんでみましょう。 「それってSNS依存症?ヨガ哲学に学ぶ幸せ体質になる思考法」もぜひ参考にしてみてください。

「自分を変えたい」そう思った時が新しい自分へ踏み出すチャンスです。小さな一歩から行動を積み重ね、理想の自分に近づいていくことで、より一層自分自身を大切にしたいものですね。

ライタープロフィール:Yoko Takeuchi

ダンスインストラクターを経てヨガに出会う。2016年にヨガスクールFIRSTSHIPの海外短期集中トレーニングでハワイ島に渡り、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。帰国後はヨガインストラクターとして活動しながら、温泉ソムリエ、食育指導士の資格やフリーアナウンサー経験を活かし、さまざまな角度から人々の心とからだの調和と笑顔に寄与していきたいと願っている。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード