RUN×YOGAで環境保護に貢献!「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」開催

見つける

2019.5.29 text by:Tonoel編集部

RUN×YOGAで環境保護に貢献!「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」開催

梅雨に入る前のこの時期は、屋外でアクティブに活動するのに絶好の気候。全国各地で外ヨガやランニングイベントが実施されていますね。今回は、世界海洋デーに合わせて実施される、運動しながら環境保護教育活動に貢献できるイベント「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」をご紹介します。

RUN FOR THE OCEANS とは

RUN FOR THE OCEANSとは、アディダスが2017年に立ち上げたグローバルムーブメント。6月8日(土)の世界海洋デーに合わせ、6月8日(土)〜16日(日)までの期間中、ランニングアプリ「Runtastic」内のチャレンジに参加すると、1km走るごとに1ドルが海洋環境保護団体「Parley for the Oceans(以下、パーレイ)」に寄付されます。

2018年は世界で約100万人のランナーが集結し、100万ドルがパーレイに寄付されました。集められた資金は、プラスチック汚染の影響を受ける海岸沿いのエリアに暮らす10万人の若者たちとその家族に対し、アクションを起こすための教育とサポートを直接提供するために活用されています。このパートナーシップを通じて、2018年だけでプラスチック廃棄物を用いたアディダス社製シューズが500万足生産されたそうです。

ランニング以外にもさまざまなプログラムが!RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO

2019年、アディダスはこの取り組みをさらに加速させ、アップサイクル(元の製品よりも価値の高い製品を生み出すこと)された海洋プラスチック廃棄物を使用したシューズを1100万足生産する予定とのこと。今年は実施地域・参加人数ともに過去最大規模を予定しており、世界各地で大規模なイベントを実施予定です。

日本では、6月15日(土)に葛西臨海公園。葛西海浜公園にて「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」が開催されます。このイベントでは、ランニングやビーチヨガなどのフィットネスや、海洋環境に関するトークショーなどのプログラムを通じて、運動しながら環境保護活動のサポートができる内容になっています。

<「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」概要>
日時:2019年6月15日(土) 10時~18時 ※開場:9時30分(予定)
場所:葛西臨海公園・葛西海浜公園 JR京葉線「葛西臨海公園」下車 徒歩1分
メイン会場:潮風の広場
参加可能プログラム:ランニング/ビーチヨガ/トレーニング/ピラティス、海洋環境に関するトークショー、ゲストアーティストによるLIVE、フォトスポット、海洋保護の取り組みに関する特設ブースの設置、など
※ランニング時はランニングアプリ「Runtastic」を起動して頂きます。
ゲスト:SNS・HPにて後日発表
参加費用:500円
参加方法:下記申し込みサイトよりエントリー
URL:https://moshicom.com/profile/68190/

ランニングだけでも、ランニングした後にビーチヨガやピラティスで心と体を整えるのも◎。ランニングやヨガを通して、環境保護活動にあなたも参加してみましょう!

RUN FOR THE OCEANSの詳細はこちらから

https://shop.adidas.jp/runfortheoceans/


RUNTASTICアプリの参加方法はこちらから

https://www.youtube.com/watch?v=vGwZSXtV8qM&feature=youtu.be

Tonoel編集部

Tonoel編集部はヨガスクールのFIRSTSHIPと連携し、ココロとカラダを心地よく調和させるヒントとなる情報を調査・編集の上、お届けしています。

Tonoel編集部

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード