美肌作り&美味しく喉を潤す夏のデトックスウォーターレシピ

食べる

2019.7.19 text by:Yoko Takeuchi

美肌作り&美味しく喉を潤す夏のデトックスウォーターレシピ

体調管理や美肌作りの一環として日々の生活に取り入れやすいデトックスウォーター。これまでTonoelでも美肌効果やアンチエイジング効果が期待できるさまざまなレシピをご紹介してきました。水分補給と食材の栄養価を一緒に摂取できること、何より自分の好みや目的に合わせて簡単に手作りできることが大きな魅力ですよね。今回は、そんなデトックスウォーターの夏場におすすめのレシピを朝と夜のシーン別にご紹介します。

夏のデトックスウォーター作りのキーワード

デトックスウォーターと一口に言ってもその種類は無限大。そこで、夏の食材選びのキーワードとして意識したいポイントをピックアップしました。

①日焼けダメージ

夏場は強い紫外線によって肌や細胞がダメージを受けやすいため、それらをリカバリーするビタミンやミネラルが豊富で抗酸化作用が期待できること。

②疲労回復

暑さによって蓄積しがちな疲労を効率的に回復できるよう、クエン酸やビタミン類などの栄養素が含まれていること。

③夏冷え予防

外は暑くても室内の冷房によって意外と深刻なのが冷えの悩み。そんな夏冷えを予防し、体を温める効果が期待できること。

以上のポイントを踏まえた上での食材選びを意識してみましょう。

朝飲む際に気をつけたい食材

食材の中には紫外線の吸収率を高くしてしまう「ソラレン」という物質を含む食材があり、レモン・オレンジ・グレープフルーツ・キウイなどビタミンCを豊富に含む柑橘系のフルーツや野菜に多く含まれています。

体内で全身に行き渡り、約7時間効果が続くといわれているため、ソラレンの含まれるフルーツや野菜は夕方以降に摂り入れることがポイント。朝と夜でレシピを変えることが必要になってきます。

夏のデトックスウォーターおすすめレシピ

これまでご紹介したポイントや注意点を踏まえ、夏のデトックスウォーターレシピをご紹介します。

◎作り方の基本
  • よく洗って一口大に切ったフルーツや野菜、ハーブを容器に入れて水を注ぎ、冷蔵庫で1~2時間冷やすだけ。時間を置くほどに味も濃くなります。

朝におすすめレシピ

心地よく心と体を目覚めさせ、リフレッシュ効果で一日を軽快にスタートできる朝にピッタリのレシピです。

①フルーツ×ローズマリー×ジンジャー

旬の桃などフルーツの甘さにプラスしてローズマリーの爽やかな風味がアクセントに。桃とバナナに含まれるカリウムにはむくみ予防・便秘改善効果が、ローズマリーは強い抗酸化力があり、日焼け後の肌の回復を促進してくれます。体を内側から温めるジンジャーで夏の冷え対策にも。

-材料-
  • バナナ 1/2本
  • 桃 1/4個
  • ローズマリー 数本
  • ジンジャー 1~2かけ
  • ミネラルウォーター 500ml

②ミックスベリー×ミント

冷凍のミックスベリーとミントでお手軽に。ベリー系に多く含まれるアントシアニンには、抗酸化作用・コラーゲン生成を促進する効果があるほか、ミントに含まれるビタミンCやフレッシュな香りによって心身の落ち着きを得られます。

-材料-
  • 冷凍ミックスベリー 100~150g
  • ミント 5枚程度
  • ミネラルウォーター 500ml

夜におすすめレシピ

夜は疲労回復や安眠を促す栄養素をたっぷり補給できるレシピで、一日頑張った体を癒しましょう。

①柑橘類×シナモン×ジンジャー

フレッシュな柑橘類のビタミンCやクエン酸、ミネラルによる疲労回復効果、シナモンに含まれる桂皮アルデヒドによるアンチエイジング効果、ジンジャーの温め効果で安眠に導くレシピ。酸味が気になる時は、お好みではちみつを加えるのもおすすめです。

-材料-
  • レモン 1/2個
  • オレンジ 1個
  • グレープフルーツ 1/4個
  • シナモン スティックなら1本/パウダーなら10g程度
  • ジンジャー 1かけ
  • ミネラルウォーター 500ml

③夏野菜×フルーツ

ビタミンC・カリウム・食物繊維を含む食材たっぷりで疲労回復、美肌効果の高いデトックスウォーター。甘酸っぱく爽やかなフルーツの風味とセロリの清涼感で心身ともスッキリします。

-材料-
  • きゅうり 1/2本
  • セロリ 葉5~6枚
  • キウイ 1/2個
  • パイナップル カットした状態で5~6個
  • ミネラルウォーター 500ml

デトックスウォーター作りのポイント&注意点

  • ミネラルウォーターを炭酸水にするのもおすすめ。血流を促進し疲労物質の乳酸を排出しやすくなります。
  • 水に浸けたフルーツや野菜の栄養成分は、暑い時期は特に菌が繁殖しやすくなるため一日で飲み切るようにしましょう。
  • たくさん作りすぎて飲みきれない時は、製氷皿に注いで冷凍庫で氷にするのもおすすめ。
  • 使い終わったフルーツや野菜はスムージーなどに入れて再利用することもできます。

フルーツや野菜の栄養価を手軽に摂取できるデトックスウォーターは、何かと疲労やダメージが蓄積されやすい夏場も積極的に活用したいもの。ぜひ毎日のリフレッシュタイムに取り入れてみてください。

ライタープロフィール:Yoko Takeuchi

ダンスインストラクターを経てヨガに出会う。2016年にヨガスクールFIRSTSHIPの海外短期集中トレーニングでハワイ島に渡り、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。帰国後はヨガインストラクターとして活動しながら、温泉ソムリエ、食育指導士の資格やフリーアナウンサー経験を活かし、さまざまな角度から人々の心とからだの調和と笑顔に寄与していきたいと願っている。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事