プロが教える!メンズアスレジャーコーデ入門編

見つける

2019.7.30 text by:Makoto

プロが教える!メンズアスレジャーコーデ入門編

運動することが習慣化している男性注目!日々体を動かしているなら、その時に着ている「フィットネスウェア」にもこだわってみてはいかがでしょうか?海外セレブから火が付いたアスレジャーファッションの影響もあり、今や普段使いできるオシャレで高機能なウェアがたくさんあります。今回はヨガ講師として毎日ヨガウェアを着用している筆者が、デイリーユースにしたいフィットネスウェア、ヨガウェアについてご紹介します。

そもそもアスレジャーファッションって?

フィットネスが盛んな欧米では、日常的にフィットネスジムやヨガスタジオに通うことは一時的なトレンドではなく、カルチャーとして定着しました。そんな彼らは着用するフィットネスウェアにも妥協せずにとてもおしゃれです。

ジムやスタジオにウェアのまま出向き、体を動かしたら着替えをせずに帰り、ウェアのままカフェに入るなんてことが当たり前の欧米では、フィットネスウェアやヨガウェアを普段着やルームウェアとしても着回しています。

「アスレジャーファッション」と呼ばれるこのスタイルは、もともと女性の間で盛んになりましたが、トレンドに敏感な男性もぞくぞくと取り入れている最先端かつ、新定番となりつつあるファッションです。

フィットネスウェアをなんとなく選んでいませんか?

ここ数年、ファッションが多様化しつつあります。そしてファッションが洋服そのものだけではなく、雑貨や持ち物にまで広がり、「どんなライフスタイルを過ごすのか?」を提案するブランドが増えてきました。

そしてアスレジャーというスタイルが定着した今、おしゃれや健康を意識している人々は、より健康的で活動的な生活を送るためにフィットネスウェアで一日を過ごすというチョイスをしています。

もし体を動かすことがあなたの生活の一部になっているのなら、その時に着るウェアにもそろそろこだわってみませんか?

フィットネスジムやヨガスタジオに行く際に、部屋着のようなものをウェアとして着ていたり、学生時代のジャージを着用していたりしませんか?普段はスーツをビシッと着こなし、私服にも気を使っている方なら、ぜひ高機能かつファッショナブルなウェアを身につけて休日を過ごしてみてください。あまりの着心地の良さに手放せないアイテムとなるはずです。

男性がアスレジャーファッションを始める時のポイント

女性であればトップスにはおるもの、ボトムスとしてレギンスを着用すれば簡単にアスレジャースタイルになるのに対して、男性はアイテム選びにコツがあります。全身スポーツメーカーのウェアを着てみたけどなんだかキマらない…とならないように、アスレジャー初心者でもおしゃれに、そして心地良く着こなせるポイントをお伝えします。

まずはこのアイテムを揃えよう!

トップス編:通気性・速乾性の高いTシャツ

まずは通気性が良く、速乾性が高い素材のTシャツをチョイスします。運動するということは大量に汗をかくことが前提です。防臭効果のある素材であれば◎。最初の1枚は普段使いのハードルが上がらないよう、ダークカラーを選んでみましょう。黒系やグレー系はコーディネイトしやすいですし、普段着らしさも出しやすいです。

サイズ感は、フィットしすぎてもオーバーサイズでもNG。体のラインが見えすぎてしまうウェアは初心者向きではないですし、普段着としての着心地も悪くなってきてしまいます。一方、緩めのサイズだとだらしなく見え、実際のエクササイズではもたついて機能的でなくなってしまいます。

最初はご自身のジャストサイズを見極めるのは難しいものです。できるだけショップで試着し、店員さんからアドバイスをもらいましょう。

【ライターおすすめアイテム】
easyoga:メンズプロアスリートTシャツブラック&ホワイト
タイト過ぎないシルエットで胸元のVラインのデザインがポイント。デザイン性がありながらも汗や水に強い耐久性と速乾性を備えており、日々の洗濯も手軽です。

ボトムス編:初めの1着はロングパンツを

エクササイズやヨガのポーズを行うことが前提なので、多くの方がハーフパンツをチョイスしたくなると思いますし、真夏であればOKです。しかし、タウンユースを意識するのであれば、最初の1着はロングパンツを用意します。

色味やサイズ感のチョイスはトップスと同様ですが、身長や体型など体のコンプレックスが強調されやすいため、アスレジャー初心者はボトムスとトップスを全く同じ色にするのを避けた方が無難です。

また同じ色の上下やセットアップのアイテムは、コーディネイトするバックやシューズなども吟味する必要があるため、難易度が上がってしまいます。

【ライターおすすめアイテム】
ABC Jogger Shorter 28"
吸汗発散性の高い素材で作られたデザイン性が高く機能的なパンツ。運動だけでなく、ルームウェアやタウンウェアとしても着まわせるハイデザインなアイテムです。

もっとアスレジャーコーデを楽しむならこんなアイテムを

フィットネス、ヨガウェアの上下が揃ったら、ぜひ休日はそのウェアで過ごしてみてください。ジムやスタジオにウェアのまま出かけていきましょう。出かける際にはバッグやシューズもコーディネイトする必要がありますね。またジャケットやパーカーなどのアイテムも必須です。

バッグ編:ボリューミーなリュックorトート

活発なアスレジャースタイルにはリュックやトートバッグがおすすめです。ナイロン素材または、しっかりとしたコットンやハンプ素材のアイテムをチョイスすると、爽やかなアスレジャースタイルになります。

バッグサイズが小さいと、ややフェミニンな印象になってしまいがちです。ボリューム感があるリュックやトートバッグであれば、男性らしく好感が持てるでしょう。色味はダークカラーやアースカラーだとナチュラルな雰囲気が出ます。

シューズ編:差し色がアクセントになったスニーカー

アスレジャー初心者はスニーカーがベスト。革靴やレザースニーカーだと、全体のコーディネイトの難易度が高くなります。黒や白がベースのスニーカーに、カラフルな色が差し色としてアクセントになっているものだとおしゃれにまとまります。

ジャケット・パーカー編:あえてフィットネスウェアブランド以外でチョイス

多くのフィットネスウェア、ヨガウェアのブランドはタウンユース可能なデザイン性のあるジャケットやパーカーも展開しています。普段使いのアスレジャーを意識するなら、ここはあえて一般のアパレルブランドやアウトドアブランドのアイテムをセレクトすると、より自然体なアスレジャーファッションになります。

ジャケットであれば、ストレッチ素材やナイロン素材のアイテムをチョイスし、他のアイテムとのバランスを取りましょう。これらの素材はシワになりにくいので暑ければ手で持ったり、バッグに入れておいたりしてもOK。さらにパッカブル(折りたみ可能アイテム)であれば、急に食事の予定が入っても困りません。

パーカーの場合はナイロンなどの軽い素材の物を選びます。防水加工がしてあると雨具にもなってなお良いです。ジャケット同様、パッカブルであればアウトドアのスポーツシーンでの急な悪天候にも対応可能です。

プロが選ぶアスレジャーファッションにおすすめ3大ブランド

・easyoga

台湾発のワールドワイドなヨガウェアブランド。アジア人の体型に合ったデザイン。海外ブランドでジャストサイズがなかなか見つけられない人でも、easyogaなら自分の体型に合うおしゃれで高機能なウェアを手に入れることができます。

・lululemon

カナダ発のヨガウェアブランド。フィットネスウェアのブランドとして急成長し、海外セレブやプロのアスリートにも愛用者が多数。タウンウェアとしても着回し可能なハイデザインと、どんなスポーツシーンにも適応する機能性も持ち合わせた唯一無二のブランドです。魅力的なアイテムが多数あります。

・suria

日本発のハイセンスなヨガウェアブランド。ナチュラルな素材感やアースカラーが特徴です。デザイン性が高くヨガウェアとしてだけではなく、ルームウェアやワンマイルウェアとして着用可能な、よりリラックスできるデザインなのも他のブランドとは異なる個性です。

アスレジャースタイルで過ごしてみよう

アスレジャースタイルは、ジムやスタジオの運動時や自宅でのヨガや瞑想時だけでなく、家事や料理をする時も快適な着心地を保ちます。この記事で紹介したように、コーディネイトによっては、そのまま出かけて買い物やおしゃれなカフェでお茶をしたり、食事をしたりと、一日を健康的でアクティブに過ごすことが可能です。

本来スポーツウェアですから、たくさん汗をかいて汚れても平気ですし、洗濯してもすぐに乾きます。耐久性にも優れているため、ヘビーユースしてもくたびれません。フィットネスウェアとしては少し高価かもしれませんが、日常使いも可能なアスレジャーアイテムは、男性も手に入れる価値が十分にありますよ。

ライタープロフィール:Makoto

ヨガライター。呼吸法、アライメントを重視したフロースタイルのハタヨガを得意とする。ヨガやアーユルヴェーダ、哲学的なライフスタイル、そして生き方を幅広く提案している。

全米ヨガアライアンスE-RYT500保持。ヨガスクールFIRSTSHIP講師、スタジオディレクター。

ライターMakotoのその他の記事はこちらから。

makoto(ライター用)

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード