夏の朝はいつもより早起きして作ろう!パワーチャージ朝ごはんレシピ

食べる

2019.8.7 text by:Yoko Takeuchi

夏の朝はいつもより早起きして作ろう!パワーチャージ朝ごはんレシピ

夏は朝から気温が上がり、どうしても食欲が落ちやすくなる時期。ただ、より規則正しい食事を意識しなければ、夏バテや体調不良に繋がる原因になってしまうことも。そこで今回は、夏の一日をより快適にスタートさせるために大切な「朝ごはん」に注目し、この時期に押さえておきたいポイントとおすすめのレシピをご紹介していきます。

夏の朝ごはん作りのポイントは?

一日の活動のエネルギー源となる朝食は、心身にとってとても大切。特に夏は、暑さなどによって何かと体へのダメージが大きくなりやすいことから、その負担を少しでも軽くできるような食材を意識するほか、調理法にも工夫することがポイントです。

①紫外線ダメージから守る

夏は一年のうちで紫外線量が最も強力になるため、ダメージから身を守る栄養素を朝から積極的に摂取したいもの。その中でも手軽で朝に取り入れやすいのは、抗酸化作用・美肌効果の高いビタミンCが豊富なフルーツ類。

特にビタミンEや食物繊維も含まれるキウイフルーツやバナナなどがおすすめです。キウイフルーツは食物繊維のバランスがよく、慢性的な便秘への効果があるとされている水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維以外にも糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムを含むキウイフルーツは、「一つまみの塩」を加えるだけで熱中症予防にも効果的な食材に変身します。キウイフルーツが持つ栄養について詳しく知りたい方は、
「便秘予防の新常識!今日から始める簡単“腸活”ライフ」をご覧ください。

②夏バテ予防

体内の栄養をエネルギーに変換するビタミンB1やB2は夏に消耗されやすく、不足すると夏バテや体調不良を引き起こす原因になります。暑さに負けず一日を快調に過ごすため、朝からこれらの栄養素を豊富に含む納豆やごま、豚肉、ホウレンソウなどの食材を積極的に摂取しましょう。

③旬を取り入れる

旬の食べ物は、その季節に表れやすい体の不調を整えてくれる作用があります。特に夏野菜はビタミンやカリウムなどのミネラルをバランス良く含んでいるほか、抗酸化作用の高い種類も多く、夏バテ対策やアンチエイジング効果が期待できます。

④調理法も一工夫

朝から蒸し暑い夏の朝は、できるだけ涼しく過ごしたいもの。電子レンジやミキサーなどを活用するなど、火を使わなくてもいい調理法を意識してみましょう。

おすすめ!夏の朝ごはんレシピ

夏の朝ごはんづくりのポイントを踏まえ、おすすめの簡単レシピを3つご紹介します。好きな食材を加えるなど自分流のアレンジもぜひ楽しんでみてください。

1.アボカドと納豆のねばねば丼

温かいごはんの上に食材を乗せるだけの簡単レシピ。たんぱく質や夏野菜のビタミン類がしっかり摂れるうえ、食欲の落ちやすいこの時期に最適です。

-材料-
  • ごはん お茶碗1杯程度
  • 納豆 1パック
  • オクラ 1本
  • アボカド 1/4個
  • 卵 1個
  • 醤油 大さじ2
  • すりごま 大さじ1
  • オリーブオイル お好みで
-作り方-
  • オクラをラップにくるんで電子レンジで1分ほど加熱し、お好みの大きさにカットしておきます。
  • ごはんの上に食材を乗せたら、お醤油とお好みでオリーブオイルをかけて完成(オリーブオイルには高い抗酸化作用がありおすすめ)。

2.トマトとホウレンソウのオープントースト

具材をパンに乗せて焼くだけのシンプルなオープントーストは、見た目も楽しめる手軽さが魅力。抗酸化作用の高い夏野菜のトマト、ビタミンBの多いホウレンソウを使った簡単レシピです。

-材料-
  • 食パン 1枚
  • トマト 1/2個
  • ホウレンソウ 2~3枚
  • チーズ 1枚
  • バター 適量
-作り方-
  • ラップをしたホウレンソウをレンジで1分ほど加熱します。
  • 食パンにバターを適量塗り、お好みにカットしたトマト、ホウレンソウ、チーズをのせてオーブンで2~3分焼いたら完成です。

3.夏野菜のホットサラダ

夏に旬を迎える野菜をオーブンで焼くだけの簡単レシピで、ビタミン補給&夏冷え対策を。さっぱりと酸味のあるドレッシングで爽やかにいただけます。

-材料-
  • なす 1本
  • パプリカ 1/2個
  • トマト 1/2個
  • ズッキーニ 1/3本
  • かぼちゃ 1/6個

上記以外のお好みの夏野菜でもOK

ードレッシングー
  • オリーブオイル 大さじ3
  • レモン汁 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 少々
  • カレー粉 あればお好みで
-作り方-
  • 適当な大きさにカットした野菜を耐熱皿に並べ、160℃に熱したオーブンで10~15分ほど焼きます。
  • ドレッシングと、お好みでカレー粉を振りかければ完成です。

時間と手間をかけずに簡単に作れる栄養満点の夏の朝ごはんレシピ。明日は少しだけ早起きして、トライしてみませんか。

ライタープロフィール:Yoko Takeuchi

ダンスインストラクターを経てヨガに出会う。2016年にヨガスクールFIRSTSHIPの海外短期集中トレーニングでハワイ島に渡り、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。帰国後はヨガインストラクターとして活動しながら、温泉ソムリエ、食育指導士の資格やフリーアナウンサー経験を活かし、さまざまな角度から人々の心とからだの調和と笑顔に寄与していきたいと願っている。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード