自宅やオフィスで!どこでも実践できる5分の「顔ヨガ」で年末までに小顔美人!

整える

2019.10.26 text by:Yoko Takeuchi

自宅やオフィスで!どこでも実践できる5分の「顔ヨガ」で年末までに小顔美人!

洗顔から保湿まで、毎日のスキンケアは大切な習慣。その一方で、顔の筋肉まで日頃から意識しているという人はどのくらいいるでしょうか?私たちの表情を作る「表情筋」は60の細かな筋肉で構成されていますが、日常生活ではその30%程度しか使っていないとされています。使わなければ衰えてしまう反面、意識して鍛えればたくさんのメリットがある表情筋。今回は、手軽に取り入れられる5分間の顔ヨガトレーニング法をご紹介します。

顔ヨガのメリットとは?

顔ヨガとは、さまざまな表情を形成して顔の筋肉に働きかけていくヨガ。筋肉が鍛えられることで表情や血色が良くなってアンチエイジング効果が期待できるほか、顔の血流がアップして新陳代謝が促進され、肌のターンオーバーを整える効果も。

いきいきとした表情だけでなく美肌効果も期待できるのが嬉しいところです。そんな顔ヨガを実践する際に、効果アップを狙えるおすすめの時間帯は次の通り。

顔ヨガにおすすめの時間帯

・起床時・・・顔のリセット、むくみを取って頭をスッキリさせる効果があります。
・入浴時・・・血流がアップしているため表情筋も動かしやすく効果が高まります。
・夜のスキンケア時・・・一日の疲れを顔ヨガでリセット。血流を促進することで安眠効果も。

その他の時間帯でも、気付いたときに実践する習慣を身につけていきましょう。

5分で簡単!顔ヨガトレーニング法

今回は、5分間でできる3つのトレーニング法を目元・口元・顔全体の部位別にご紹介します。

1min…目元スッキリ

  • 眉間にシワを寄せて5秒キープします。眉と眉を近づけるようにギューッと力強く引き寄せる感覚で。
  • 次に、眉間を広げるように目を大きく見開きます。そのままの状態でまぶたを閉じ気味にしながら、眉とまぶたがそれぞれ引っ張り合うイメージで5秒キープ。
  • 力を緩めて一呼吸置き、これを3回繰り返しましょう。

2min…口角アップ

  • 上の歯を見せるように口角をキュッと上げて笑ったら、目線は上を見るようにします。
  • 舌を突き出し、小鼻をなめるようにとがらせたら口の左上に持ち上げ、上唇に沿って右上にゆっくりスライドさせましょう。
  • 合計4往復。1往復を10秒ほどかけてゆっくり動かすのがポイントです。

3min…フェイスラインにアプローチ

  • 頭を後ろに倒し、天井を見上げた状態で舌をまっすぐ上に突き出して5秒キープ。
  • この状態から、舌を鼻に向かって持ち上げる動作を5回繰り返します。あごのたるみや小顔効果抜群の動きです。

4~5min…仕上げのあいうえお体操

  • 口を大きく開け、「あ・い・う・え・お」と一語一語丁寧に動かしていきます。表情筋への刺激を意識しながらゆっくりと5回繰り返しましょう。

顔全体の筋肉をほぐし整える効果があります。

道具も要らずで気付いた時にどこでも実践できる顔ヨガ。毎日たった5分からでもスタートみることで、きっとあなたの表情に少しずつ変化が見えてくるはずです。スキンケアとともに日々の習慣として実践してみましょう。

ライタープロフィール:Yoko Takeuchi

ダンスインストラクターを経てヨガに出会う。2016年にヨガスクールFIRSTSHIPの海外短期集中トレーニングでハワイ島に渡り、全米ヨガアライアンスRYT200を取得。帰国後はヨガインストラクターとして活動しながら、温泉ソムリエ、食育指導士の資格やフリーアナウンサー経験を活かし、さまざまな角度から人々の心とからだの調和と笑顔に寄与していきたいと願っている。

※掲載内容は記事公開時点のものです。
最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

SHARE !

ヨガインストラクター資格取得 Firstship

関連記事

関連キーワード