アーユルヴェーダの本

アーユルヴェーダを始めるときに読みたい本

アーユルヴェーダを始めるならまず指南書となる本の購入がおすすめ。アーユルヴェーダはテクニックを習得すればOKというわけではなく、あらゆる症状と、その症状のケアに効果的な方法を理解していてこそ効果があらわれるデトックス法。

ヴァータ、ピッタ、カパというプラクリティをはじめ、アグニやアーマ、オージャスなどアーユルヴェーダならではの用語をしっかり頭に入れてから始めるとスムーズです。

ここでは初めてアーユルヴェーダを学ぶ際に入門書としておすすめの本、セルフケアができるマッサージ本、毎日の食事に手軽に取り入れられるアーユルヴェーダ式食事のレシピ本、白ゴマ油うがいや白湯を取り入れるハウツー本など、手に取りやすい14冊をご紹介。

おすすめカテゴリー

他にもヨガウェア、ヨガ効果、アーユルヴェーダなどを特集しているので、是非併せて読んでみてください。