アーユルヴェーダの食事

アーユルヴェーダの食事法

アーユルヴェーダの食事法では「正しい食事をすれば病気を寄せ付けない」という考えのもと、食事内容を重視しています。甘・辛・苦・酸・渋の6つの味を摂取することや、朝ご飯は控えめで昼ご飯にボリュームを持たせるのも特徴。

日本にも腹八分目という教えがあるように、アーユルヴェーダの食事法では体に取り入れたものを消化しきる、消化力に重きが置かれています。オイルは少なめで、野菜を豊富に摂れるので健康的。また6味を意識することでドーシャや体調に合わせた食べ方ができ、心と体のアンバランスを防ぐことができます。

食事に向き合う大切さを教えてくれるのもアーユルヴェーダの食事法なのです。ここでは、ドーシャ別の食事法とおすすめのスパイスをご紹介します。

おすすめカテゴリー

他にもヨガウェア、ヨガ効果、アーユルヴェーダなどを特集しているので、是非併せて読んでみてください。