時間を捻出する為に削ぎ落とす3つの事

「時間がない…」「忙しすぎる…」と毎日嘆いていませんか?

無駄な時間を削ぎ落とし、自分の時間を手に入れたい。

ビジネスに取り組む時間を捻出したい。

いつも不満を心に抱き、行動に移せない人が取り入れるべき思考を紹介します。

目次

時間がない!?時間を捻出するために必要なこと

特に仕事をしながら副業を始める人は必見の話です。

サラリーマンをしながら、副業を始めようと思う人がいます。

毎日の仕事は忙しく、自由に使える時間が足りないと気づくこともあるでしょう。

テレビを見ている時間を削減し、余暇の時間を削ろうと努力しているはずです。

しかし、毎日仕事でストレスを感じ、私生活でもストレスを感じるとなると…

果たして継続可能でしょうか?

多くの人は、時間がないことにストレスを感じ、どうにか時間を捻出しようと努力します。

結論から述べると、時間を捻出するために必要なのは

自分のスキルを向上させること!

です。

読書を例に取ってみましょう。

1回目に読む本よりも、2回目のほうが早く読めます。

3回目や4回目になれば、さらに速読に近くなるのは言うまでもありません。

本の内容を知っている自分になったことで、読書スピードが向上した証拠です。

スキルが上がれば、作業に必要な時間が少なくなります。

そのため、必要な時間を捻出できるようになります。

しかし、既に能力は高いのに時間が捻出できない人もいます。

また、スキル向上を考えるための時間がとれない人もいるでしょう。

そんな人は、以下で述べる「3つの事」を参考に、削ぎ落とす内容を決めてみてください。

時間を捻出するために削ぎ落とす3つの事

今回も定説をお伝えしておきましょう。

一般的に「時間を捻出するために削ぎ落とす3つの事」とされる、事項をまとめます。

1.移動時間を使う
2.メールを頻繁に見ない
3.動画を見ない

誰もが納得できる「無駄な時間」を省けば、時間が捻出できると考えられています。

当然ながら、多くの人には「無駄な時間」があります。

ビジネスを始めるに当たり、「無駄な時間を削ぎ落として成功してやろう!」と考えるのは当然です。

誰もがやる気を発揮し、自分の可能性を信じていることでしょう。

しかし、「無駄な時間」と呼ばれる時間は、人生を豊かにするための時間でもあります。

完全に削ぎ落とせるものではなく、努力してもぼーっとしてしまうことはあるでしょう。

そのため、多くの人が挫折し諦めてしまいます。

では、諦めずに成功するために「削ぎ落とせる3つの事」をお伝えしていきます。

削ぎ落とせる3つの事

「人生に無駄な時間は存在しない」と考えてみてください。

電車に乗っている時間も、テレビを見ている時間も必要です。

もちろん勉強する時間も、ビジネスに向かう時間も必要でしょう。

さらに、家族と過ごす時間も必要ですし、ストレス発散のために余暇も必要です。

考えてみれば理解できるのですが、そもそも「無駄な時間」とはそれほど多くありません。

あなたが「無駄」と考えている時間は、思考を変化させれば「発見の宝庫」になります。

つまり、本来「削ぎ落とすべき」と考えている時間は、以下のように考えるための時間です。

1.無駄と感じている自分のスキルが足りない(どうすれば能力を伸ばせるか)
2.仕事ではなく、余暇の時間を十分に取る(余暇を確保しよう)
3.思考をさらに深めるための時間(ビジネスを発展させるには?)

あなたには24時間の時間が与えられています。

もちろん、全ての人に同じ時間が与えられています。

ほとんどの人は、高校受験や大学受験を経験しているでしょう。

思い出してみてください。

同じ時間、勉強したはずの友人は、自分よりも高得点を取りませんでしたか?

また、逆に同じだけ勉強したにも関わらず、自分よりも得点が低かった友人はいませんか?

いったい、何が違うのでしょうか。

「能力」だと思いませんか?

一般的には「効率が良い勉強法」と呼ばれているものがあります。

しかし、脳科学的に見て知識はインプットとアウトプットを繰り返したものの蓄積です。

小学生や中学生、それ以前から勉強している人は高校生になってから効率よく勉強できる。

それだけなんです。

自分のビジネスでも、サラリーマンとして勤める仕事でも同じです。

自分のスキルを高められれば、他人と同じ時間を利用しても効率よく結果を出せるようになります。

能力を上げるために必要なのは、あなたの思考です。

毎日の通勤時間では、一日のスケジュールを確認し、脳内でシュミレーションする。
少なくても余暇の時間に「やりたいこと」を考えて、書き出しておく。
1分あれば、目を閉じて瞑想することができる。

体が疲れていても、脳を働かせるのは可能なはずです。

「いや、考えられない…」と感じている場合、余暇が少ないのかもしれませんね。

余暇がなければ疲労がたまります。一度、ゆっくり休んでみてください。

有給休暇をとり、何も予定を入れず、時計を気にしない時間を過ごしてみましょう。

削ぎ落とすべきは、自分が「無駄」と感じているその思考そのものです。

1日で集中させるのではなく、1週間で計画を作る。

1ヶ月もあれば、できないことなどほとんど無いはずです。

唯一、不必要なのは

他人からの飲み会などの誘い

ですね。

自分の思考ではなく、他人の思考に行動を任せてはいけません。

自分の行動は、自分で決める。

それが最も重要な考え方でしょう。

時間を捻出するために自分のスキルを上げる

ここまで読んでいただいて、気づいているはずです。

そもそも時間がない人は、どうすればいいの?

多くの人の課題ですね。

余暇もとれず、仕事ばかりに明け暮れる。

時間を取ろうと考えることすらままならず、ただストレスだけが積もっていく。

だから、答えは1つです。

自分のスキルを上げて、仕事ややるべきことを早く終わらせる!

1時間で行える内容を、30分で行う。

10時間かかるはずの内容を、5時間で終了させる。

旅行でも、長旅をするなら方法論はたくさんあります。

飛行機を使うか、車を使うか。

徒歩で移動するか。自転車を利用するか。

方法論を考えるべき時間がない?

そんなことはありません。

上記で「無駄」と感じている時間があるはずです。

その時間を利用して、思考を深める努力をしましょう。

どうすれば、今の仕事を短縮できるか方法を考えます。

ほとんどの事は、シュミレーションをしておけば早く終えられるはずですよ。

まとめ

一般的な「おばちゃん」は時間がないと言います。

子どもの弁当を作らないと…。

あ、小学生の子どものために雑巾を縫っておかないと…。

様々な事を挙げ、時間がないことをアピールしています。

しかし、専業主婦の場合、多くの人はドラマの内容をよく知っています。

それも、主婦仲間と仲良くするために必要なことだからです。

他人から見れば「無駄な時間」でも、自分が思考をめぐらせば「必要な時間」に変化します。

移動時間も、テレビを見る時間も、ビジネスを成功させる「ひらめき」を手に入れる時間です。

1.無駄な時間は存在しない。
2.一日の流れを、具体的にシミュレーションする。
3.自分の能力を常に向上させる意識を持つ。

これまで無駄と感じていた時間を、これら3つの思考で変化させてみてください。

あなたの時間は劇的に増加するはずです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる