Google AdSenseでの禁止ワードや避けるべき表現について

Google AdSenseは規約が厳しく、禁止ワードや避けるべき表現というものがあります。

規約を理解せずに記事を書き続けてもGoogle AdSenseの審査には通りません。

また、審査に通った後でも、禁止されている表現を書いてしまった場合には最悪アカウントの停止となる可能性があります。

しかし、どのような表現が規約に違反するのか、禁止ワードにはどんなものがあるのか、わからない方も多いと思います。

そこで今回はGoogle AdSenseで禁止されている表現や禁止ワードについて解説していきたいと思います!

今回の記事はブログを運営していく上で、欠かせない情報となっています。ぜひ、最後まで見てくださいね!

目次

なぜ禁止されている表現やワードがあるのか?

Google AdSenseは、Googleが提供する広告システムです。

Googleで検索した人が、過激な表現や発言のブログを見て不快に感じてしまったら、そのブログに掲載されている広告自体のイメージが悪くなってしまいます。

そのため、広告主も他の人が不快になるようなブログに広告を載せたくないと思いますよね?

広告主がいなくなってしまったらGoogleの収益が無くなってしまいます。

広告主が気持ちよく広告を掲載できるように、禁止ワードを設定しているんです!

Google AdSenseで避けるべき表現

まずは、Google AdSenseで禁止されている表現を確認します。

Google AdSenseで禁止されている表現はサイト内のコンテンツポリシーに記載されています

コンテンツポリシーはこちら

違法なコンテンツ

Google AdSenseでは法律に違反するようなコンテンツや違法行為を助長するようなコンテンツ、他人の法的権利を侵害するコンテンツは禁止されています。

そのため違法行為を助長するような表現は避けたほうが無難です。

知的財産権の侵害

Google AdSensesでは著作権を侵害するコンテンツは禁止されています。

著作権という言葉は書物や音楽などで使われる表現に思われがちですが、例えばネット上のブログ記事にも著作権が発生しています。

そのため、ブログのコピペはもちろん著作権の侵害にあたりますし、他人のブログを少し書き換えただけの文章も著作権の侵害となります

他人のブログを参考にする時は引用や出典を明らかにしましょう!

危険または中傷的なコンテンツ

Google AdSenseでは差別的表現や第三者への嫌がらせとなる文章、攻撃的に捉えられる文章、脅迫、危害を加えるような表現は禁止されています。

また、自殺や拒食行為などの自傷行為を奨励する表現、健康上有害な行為を助長するコンテンツなども危険なコンテンツとみなされているため禁止されています

不正行為を助長する表現

Google AdSenseではハッキング、不正アクセスなどの不正行為を助長するような行為、表現は禁止されています。

また、個人の活動を許可なく追跡、モニタリングしているコンテンツも禁止とされています。

上記を助長するような商品、サービスに関する記事ももちろん禁止されているので注意が必要です!

例外として、民間の調査団体や、未成年の子供を保護する目的で作られた商品・サービスなどは対象外となります。

不適切な表示に関連するコンテンツ

Google AdSenseでは不適切な表示・表現は禁止されています。

具体的には以下のような表現が禁止されています。

・虚偽の表示、情報の隠蔽
・ユーザー情報のフィッシング
・虚偽、不正、過大広告による宣伝
・明らかに真実でない政治的発言
・特定の個人、組織、商品、サービスと提携関係、または支持を受けていると偽っている表現
・重要情報を偽装または隠蔽し他国ユーザーに向けた政治的コンテンツを発信すること

真実でない事を書くのはコンテンツ違反です!

性的な表現、描写

Google AdSenseでは性的な表現や描写に関わるコンテンツや表現は厳しく禁止されています。

そのため、少しでも性的表現だと見なされた場合にはアドセンス収益が停止となってしまう恐れがあります。

また、本人が性的表現と思わなくても、性的表現と捉えられるケースがあります。

例えば、動物や虫などの交尾についての記事でも性的表現が含まれていると見なされる可能性があるので、記事にするのはあまりおすすめできません。

国際結婚の斡旋

Google AdSense国際結婚を斡旋するようなコンテンツが禁止されています。

国際結婚の婚活ツアーなども禁止条項として記載されているため、国際結婚というテーマ自体がタブーとなっている可能性が高いです。

Google AdSenseでの禁止ワード

そのため、Google AdSenseで禁止されているワードには以下の表現を含むものが考えられます。

・性的表現を含む語句
・お酒、タバコ
・差別用語
・誹謗中傷
・過度に下品な表現
・違法薬物、麻薬
・殺人、暴力、犯罪的な表現となるもの
・違法ギャンブル
・いじめ
・暴力団を表した言葉
・法的に違反しているもの
・音楽の歌詞

上記のワードを含む語句は検索需要も高いので、書けばアクセスが増えやすい記事ではあります。

しかし、Googleからの厳しい審査を受けることになりますので、注意する必要があります。

上記の表現が必ずしも規約違反になるとは限りませんが、少しでも怪しい表現があった場合には避けておくのが無難です。

上記の禁止ワードが含まれてるジャンルを執筆する事自体リスクが高いです!

禁止ワードを書いてしまった場合どうすれば良いのか?

Google AdSenseのコンテンツポリシーに記載されている条項に違反した場合、警告や違反通知が届く場合があります。

違反通知が届いた場合には違反となっている表現を削除する必要があります。

違反となっている記事や表現を削除せずに無視し続けた場合にはGoogle AdSenseのアカウントを剥奪されることもありますので注意しましょう!

また、悪質な場合には、Googleの検索エンジンから除外される可能性もあります。

違反対象となる表現は言葉だけでなく、画像・動画なども対象になる場合があります!

Google AdSenseでの禁止ワードや避けるべき表現まとめ

今回はGoogle AdSenseの禁止ワード、避けるべき表現について解説しました。

ブログを運営していく上で、Google AdSenseの収益は非常に重要です。

ブログで稼ぐためにも、Google AdSenseの規約に違反しないような記事を作成することを心がけましょう!

また、少しでも怪しいなと思った表現は使わない方が良いです。

グレーゾーンだと思ったものについては記載せず、健全なブログ運営をしていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる