Google AdSenseの審査に通るコツ

「Google AdSenseの審査に通る方法がわからない」という方も多いでしょう。

Google AdSenseの規約は厳しく、適切なブログ運営をしないと、審査に通らなくなってしまいます。

しかし、Google AdSenseの通るコツというのは、いくつかあります。

そこで今回は、Google AdSenseの審査に通るためのコツについて解説します!

目次

なぜGoogle AdSenseには審査があるの?

Google AdSenseの審査とは、Google側が「そのブログに広告を掲載しても問題ないか」というのを審査することです!

Googleは広告主から広告料をもらって広告を掲載しています。

もし、Googleの広告が違法なサイトや危険なサイトに掲載されていたら、広告のイメージも悪くなってしまいます。

広告はイメージが大事ですので、もしそうなってしまったら誰もGoogleの広告を利用しなくなってしまいます!

そのため、広告の審査をすることで広告主が気持ちよく広告を掲載できるようにしているのです。

Google AdSenseのコンテンツポリシー

Google AdSenseには、サイトに広告を掲載するにあたって違反行為が行われないように「コンテンツポリシー」という規約を定めています。

https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

Google AdSenseの審査はこの「コンテンツポリシー」に基づいて行われることになります。

コンテンツポリシーでは、以下のような事柄が禁止されています。

・ブログに違法なコンテンツ、犯罪を助長するようなコンテンツがないか?
・著作権に違反していないか?
・ユーザーが不快に思うようなコンテンツがないか?

Google AdSenseの審査に通るためには、まずコンテンツポリシーを遵守することが重要です!

Google AdSenseの審査に通るコツ

Google AdSenseの審査の最大のポイントは

そのブログがユーザーにとって価値のあるブログかどうか?

です。

広告は、誰かに見てもらわなければ意味がありません。

そのため、多くの人に見てもらえるような価値のある情報を提供できるブログでなければ広告を提供する意味がないのです。

ここでは、具体的にどのような記事を作れば審査に通りやすいかについて解説します。

オリジナリティのある記事

他のブログにはないオリジナリティのある記事を書くことでGoogle AdSenseの審査に通りやすくなります。

逆に、以下のようなオリジナリティのない記事は審査に通りません。

・他のブログのコピペをした記事
・他のブログの内容をそのまま記載して、表現だけ少し変えた記事

例えば、Googleで検索して出てきた検索結果の記事が全て同じような内容だったら他の記事を見る必要がないですよね?

同じ記事ばかりが検索結果に出てきてしまうと誰もGoogle検索を利用しなくなってしまいます。

そうなるとGoogleに広告を出す人がいなくなってしまうので、審査の段階でオリジナリティを重視しています。

他の記事で記載されていないプラスの情報があると、ブログとしての価値も高くなります!

ユーザーの検索意図、ニーズに応えているブログ

Google AdSenseの審査に通るためには、「ユーザーにとって価値のあるブログ」を作ることが大事です。

ユーザーにとって価値のあるブログというのは、ユーザーの悩みを解決できるブログということです。

ユーザーは何かの疑問や悩みを持ってGoogle検索を利用しています。

もしGoogle検索を利用して、自分の悩みが解決しなかったら他の検索エンジンを使うようになってしまいます。

そのため、Googleはユーザーの悩みを解決できるブログを求めているのです。

例えば、この記事では、「Google AdSenseの審査に通らない」という悩みを持つ人向けにGoogle AdSenseの審査に通るコツを記載しています。

このように、読者のニーズに応えることでGoogle AdSenseの審査に通りやすくなります!

十分な文字数、記事数のあるブログ

ユーザーにとって価値のあるブログを作るためには情報の質も重要ですが、情報の量も重要です。

ユーザーにとって価値のある情報を提供するためには、文字数や記事数が十分であることが重要になります。

逆に考えると、明らかに文字数が少ない記事では、ユーザーの悩みを解決しきれない可能性があります。

例えば、「東京でオススメのラーメン屋が知りたい」と思っているユーザー向けにおすすめのラーメン店の店名を羅列しただけのブログでは、ユーザーの悩みを解決しきれませんよね?

もし、「東京でオススメのラーメン屋が知りたい」と思っているユーザーの悩みを解決するには、最低限以下のような記載が必要だと思います。

ユーザーの悩み→「東京でおすすめのラーメン屋が知りたい」

①おすすめのラーメン屋
②そのラーメン屋の特徴
③なぜおすすめなのか?
④どんな人におすすめなのか?

このように、ユーザーの悩みを解決するブログを書こうと思ったら、文字数や記事数は増えていくはずです。

そのため、文字数や記事数を充実させることが、Google AdSenseの審査に通りやすくなるコツです。

見やすい、わかりやすいブログ

たとえブログにオリジナリティがあって、ユーザーの悩みを解決できる記事がたくさんあったとしても、そのブログが見にくかったり、分かりにくい内容だったらユーザーは満足しません。

ユーザーは自分の悩みに対してわかりやすく解決してくれるブログを求めています。

そのため、ただ文章を羅列しただけのブログよりも、文字に装飾がしてあったり、箇条書きでまとめられていたり、図で解説されているブログの方が喜びます。

また、記事ごとにアイキャッチ画像を用意していると、見やすくなるのでおすすめです。

画像があると、記事が見やすくなりますが、著作権に違反しないように注意しましょう!

お問い合わせ、プライバシーポリシーを設置しているブログ

お問い合わせ先、プライバシーポリシーを設置することによって、読者の安心感が増します。

お問い合わせ先、プライバシーポリシーがあると、「どんな人が運営しているのか?」「個人情報の取り扱いはどうなっているのか?」などが明確になるため、信頼性の高いブログを作ることができます

Googleは、読者に安心して検索エンジンを利用してほしいと考えています。

そのため、プライバシーポリシーを設置しているブログにすることで、審査に通りやすくなります。

Google AdSenseの審査に通るコツまとめ

今回はGoogle AdSenseの審査に通るコツについて解説しました。

Google AdSenseの審査に通るためには、読者の役に立つ価値のある情報を提供する必要があります。

価値のある情報を発信できるようになれば、自然とアクセスは集まりますし収益も増えていきます。

本記事を参考に、価値のあるブログを運営していきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる