Akismetの設定方法とAPIキーを取得する方法を解説

「最近スパムコメントがたくさんきて困ったな…」

「放置しているけどそろそろ対策を打たないと」と考えてるけど、どうしたらいいかお悩みではありませんか?

そんな方に“Akismet”というプラグインをご紹介します。

目次

“Akismet”とは?

“Akismet”とは、自身の記事に送られてくるスパムコメントを自動で判断し、専用のフォルダーに振り分けてくれる便利なプラグインです。

そんな便利な”Akismet”の導入方法を説明します。

“Akismet”の導入方法

“Akismet”を導入するには、

  1. 自身のWordPressに「Akismet」のプラグインをインストールする(元からインストールされている場合もある)
  2. APIキーを取得する
  3. APIキーを有効にする

(APIキーは、ユーザーを認識するためのものです。)

WordPressに”Akismet”のプラグインをインストール

まず、自身のWordPressに”Akismet”のプラグインをインストールする必要があります。

元からインストールされている場合もあるので、プラグインで確認してください。

プラグインのインストール方法は

ワードプレスのサイドバーにある、「プラグイン」を選択し、「新規追加」から、検索で”Akismet”と検索するとインストールできます。

詳細はこちらから確認できます。

これから作る記事

APIキーを取得する

インストールできたら、

メニューの中にある「プラグイン」の中から、”Akismet”を探し、「有効化」を選択します。

有効化を選択すると、「アカウント設定」がでてくるので、新規登録をします。

すると、このようなページが表示されるので、一番左の無料版を選択します。

次に、下記のページが表示されるので、

  • アカウント登録に必要な情報の入力
  • 価格カーソルを0円に設定
  • 全てにチェックを入れる

(無料バージョンであることのアピールだと思ってもらえればOK)

アカウント登録のための確認メールがくるので、メールにある数字を入力したら、アカウント登録が完了し、今後の案内が英語できます。

その後に、“Akismet”にログインすると、APIキーを獲得するためにのメールの送信がされます。

入力したメールアドレスにAPIキーが送信されます。

これでAPIキーの取得は完了しました。

APIキーを有効にする

取得したAPIキーを有効にするには、

APIキー取得時のアカウント設定の下にある、”manually enter an API key”を選択します。

そこに、先ほどメールで取得した、APIキーを入力します。

以下の画面が表示されたら、設定が完了します。

設定などありますが、何もしなくても稼働するので、必要があれば変更を加えましょう。

まとめ

Akismetの設定を要約すると、

  • プラグインの取得
  • API キーを取得する
  • API キーを有効にする

と3つの作業が必要となります。

このプラグインが導入されることによって、スパムコメントの分類ができ、必要な読者に返事ができるようになります。

効率UPに欠かせないプラグインですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる