Google AdSenseのおすすめの広告配置

Google AdSenseの審査に合格したけど、全然収益が上がらない・・・

というような悩みをお持ちの方も多いでしょう。

Google AdSenseの収益を上げるためには、広告の場所が非常に重要です

今回は、Google AdSenseのオススメの広告配置を解説します。

Google AdSenseの収益を上げたい方は、ぜひ最後まで見てくださいね!

目次

Google AdSenseの広告配置で重要なポイント

まず、Google AdSenseで広告を掲載する際に重要なポイントを確認していきましょう。

具体的には、以下の点に注意すると良いです。

・読者の目線の終着点に広告を配置する
・記事のボリュームに合わせて広告数を変える
・適切な場所に適切な種類の広告を配置
する

これだけ見てもピンと来ない方もいるでしょう。

ですが、この記事を最後まで読むことで適切な広告配置がわかるようになります!

本記事では、上記の点を意識しながら広告の配置について解説していきます。

Google AdSenseの広告の種類

Google AdSenseに最適な広告を貼るためには、まずはどんな広告があるかというのを知る必要があります。

Google AdSenseの広告の種類は、以下の3つがあります。

・ディスプレイ広告
・インフィード広告
・記事内広告

それぞれの広告について、確認していきましょう!

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Google AdSenseの中でも最も標準的な広告になります。

上記のような広告がサイトに最適な形で貼り付けられます。

広告のサイズは、横長、縦長、スクエアタイプの3種類で、テキストのみのものもあれば、画像付きの広告もあるのが特徴です。

ブログ内のどこにでも貼ることができる便利な広告で、目立つというメリットがあります。

しかし、アドセンス広告と一目でわかるので検索ユーザーの中には嫌悪感を覚える人もいます。

インフィード広告

インフィード広告とは、サイト内の記事と記事の間に溶け込むように配置される広告です。

上の画像のように、広告のサイズやデザインが記事一覧のデザインと全く同じになっています。

そのため、インフィード広告を広告として不快に感じる人は少ないです。

また、記事一覧にまぎれる形で配置されるので興味のある人は自然にクリックします。そのため、クリック率も高くなりやすいです。

広告の設置場所が限られるという点が唯一のデメリットになります。

記事内広告

記事内広告とは、記事の本文の中に挿入される広告です。

ユーザーはブログ全体を読むというよりは、特定の記事だけを目的にサイトを訪れることがほとんどです。

そのため、記事内に自然に溶け込んでいる広告は、クリックされやすいです。

実際、記事内広告は、Google AdSenseの中でもクリック率が高いのが特徴です

記事内広告は、自動配置ができないため、手動で設置することになります。

そのため、配置に気をつけなければ、読者を不快にさせてしまうこともありますので注意が必要です。

Google AdSenseのおすすめの広告配置

Google AdSenseの広告の種類について理解したところで、実際の広告配置を確認していきましょう。

まず、広告配置を知るためには、ユーザーがブログをどのように読んでいるのかを知る必要があります。

ユーザーの目線を動きを知る

ユーザーがブログの記事を読むときには2種類の目線の動きがあると言われています。

それがZ型とF型です!

Z型は以下の画像のように、左上、右上、左下、右下の順番で文字を読んでいく読み方です。

一方、F型は、左上から真下に目線を動かして、上から1行づつ読む方法です。

目線の終着点に広告を配置する

ユーザーは記事を読んでいるときには、記事の内容に集中するため、途中で広告を入れても見ないか不快に感じてしまいます。

そのため、内容が一区切りするタイミングで広告を配置するのが望ましいです!

先ほどのZ型を例にして広告配置を考えてみましょう!

Z型の場合には、矢印の終着点である、右上、左下、右下に広告を入れることで、読者のクリック率が高くなりやすいです

上記の画像だと、サイドバーの上下にディスプレイ広告を配置するような形になります。

記事内広告の設置場所

記事内広告は、以下の画像のように記事の中に直接広告が入ります。

そのため、文章や段落の途中で広告を貼ってしまうと読者にとっては読みにくく感じてしまいます。

記事内広告を適切に設置するには、「大見出し(H2)の上に設置する」のが最適です。

見出しの上に置くことで、読者の文章を読む邪魔になりません。

ディスプレイ広告の設置場所

ディスプレイ広告は目立つというメリットがありますが、サイズが大きく、文章中に設置すると不自然になるケースがほとんどです。

そのため、ディスプレイ広告を設置するのであれば、記事の最後に設置しましょう

記事の最後に広告を置くことで、自然な形で広告を見ることができ、クリック率も上がります。

インフィード広告の設置場所

インフィード広告は、記事一覧に自然な形で設置されます。

そのため、特に設置場所を考える必要はありませんが、もう一つ、オススメの配置方法があります。

それは、関連記事の中にインフィード広告を設置する方法です

記事を最後まで読むと「関連記事」が数記事表示されます。読んだ記事と同じジャンルの記事が表示されるのですが、関連記事のクリック率は非常に高いです!

そのため、関連記事の中に広告があった場合に、その広告を関連記事と勘違いしてクリックしてくれる可能性も高くなるのです!

関連記事にインフィード広告を設置する方法は非常におすすめです!ぜひ、実践してみてください!

Google AdSense利用時の注意点

Google AdSenseで広告を貼る際は、いくつか注意点もあります。

広告数に注意する

Google AdSenseでは、記事内の広告数に上限は定めていませんが、広告を貼りすぎないようにしましょう

記事中の広告は3つ程度にとどめておくのが望ましいです。

もちろん適切な広告数は、文字数によって異なります。1,500文字ほどの文章で広告を3つ設置するのは適切とは言えないでしょう。

読者は何か知りたいことがあって記事を見ています。広告を見るために記事を読んでいるわけではありません。

ユーザーファーストを意識して広告を掲載するようにしましょう。

Google AdSenseのポリシー違反に注意する

Google AdSenseの審査に通ったからといって、どんな記事に広告を設置しても良いわけではありません

Google AdSenseにはプログラムポリシーという規約があります。

https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

Google AdSenseの規約に違反するような記事、コンテンツには広告を掲載するのにふさわしくないとされています。

この規約を破りながら広告を掲載し続けると、Google側から警告が来る可能性もあります。

最悪の場合にはGoogle AdSenseのアカウントが停止されてしまう可能性もありますので注意しましょう!

Google AdSenseのおすすめの広告配置まとめ

今回は、Google AdSenseのオススメの広告配置について解説しました。

Google AdSenseで効率的に収益を上げていくには、広告の配置が重要です。

本記事を参考に、Google AdSenseの収益を上げていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる