お名前
必須
メールアドレス
必須

Google AdSense審査用に書くべき記事とその記事の書き方

Google AdSenseの審査に通らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

Google AdSenseの審査に通るためには記事のジャンルや記事の書き方を理解する必要があります。

本記事では、Google AdSenseの審査用に書くべき記事やその書き方についてわかりやすく解説していきます!

目次

Google AdSenseの審査用に書くべき記事とは?

まずは、Google AdSenseの審査用に書く記事のジャンルを選定します!

Google AdSenseの審査用に書く記事としては自分の書きやすい記事を選ぶことが重要です。

しかし、自分が書ける記事であればどんなジャンルでも良いというわけではありません。

Google AdSenseの審査に通りやすい記事というのもいくつか存在します。

具体的には以下のジャンルの記事が挙げられます。

・仕事、学習法
・自己啓発
・家事や育児
・ライフスタイル系
・趣味
・ペット
・美容
・食べ物

上記の中から自分の書きやすいジャンルを選定しましょう。

Google AdSense審査用記事の書き方

Google AdSenseでは、ジャンルが適合していればどんな記事を書いても良いというわけではありません。

一般的には「読者の悩みを解決する記事」や「読者が知りたいと思ったことをわかりやすく説明している記事」が求められます。

さらに価値のある情報というのが重視されているため、自分が体験したオリジナルの記事を書くと良いでしょう。

例えば、料理に関する記事を書くのであれば、ネットに載っている情報だけを書くのではなく、自分が料理をした体験談も交えて書くことで説得力が増します。

自分の体験談、失敗したこと、成功したことは誰かのアドバイスになります。

自分の体験したことを織り交ぜながら価値のある記事を発信することでGoogle AdSenseの審査に通りやすくなります。

Google AdSenseの審査に必要な記事数、文字数は?

Google AdSenseの審査では、情報の量も重要視される傾向があります

そのため、最低でも1,500文字以上の記事を10記事以上書くのが望ましいとされています

Googleは価値のある情報を求めています。文字数が全てではありませんが読者の悩みを解決する記事を作るためにはある程度のコンテンツの量は重要となってきます。

文字数や記事数を増やすことで、Googleの検索順位も上がりますのでたくさん書くことを心がけましょう!

ブログの記事を書く手順

それでは、実際に記事を書く際の手順を説明します。

あくまで一例になりますので必ずしもこの通りにやる必要はありません。

「どうやって記事を書いたら良いかわからない」という方はこれから説明する手順にしたがって記事を書いてみましょう。

①書きたい記事のキーワードを選定する

まずは、どんな記事を書きたいかというテーマを決めます

ブログの記事は読者が検索してくれることで読まれます。そのため検索する言葉を意識することが大事になります。

例えば、「ブログ 書き方」というキーワードで考えてみましょう。

この検索ワードで検索する人について想像します。

すると、以下のようなターゲット像が浮かび上がります。

・ブログを始めたいと思っている人
・ブログを始めたばかりの初心者
・ブログのアクセスが伸び悩んでいる人

上記のターゲットに向けて書く記事が読者にとって価値のある記事となります!

②キーワードで検索してみる

書きたい記事が決まったら実際にそのキーワードで検索してみましょう

そして、検索順位の中で上から記事を見てみます。

ここで注目してほしいのは以下の点です。

・何を書いているか?
・どんな構成で書いているか?
・不足している情報がないか?

他人が書いている中で参考にする部分は参考にしつつ、「この情報もあったら読者は喜ぶだろう」と思ったものを自分の記事に入れるようにします。

③記事の見出し・構成を考える

キーワードの調査が終わったら見出し・構成を作ります

見出しに関しては読者が知りたい情報を要約したものを入れるイメージで大丈夫です。

構成から考えることで、本文を書くスピードが格段に早くなります。

構成をしっかり考えることで見出しに沿って文章を書くだけになるので執筆スピードが上がるのでオススメです。

見出しを考える際はキーワードで検索して出てきた他のブログを参考にしつつ、変えたほうがいい点や増やしたほうが良いポイントを加えていくイメージです。

見出し・構成を作り終わった段階で、タイトルを決めても良いでしょう!

④本文を書く

ここまで来たらあとは本文を書くだけです。

見出しに沿って書くことでスムーズに書けると思います。

自分が知らない知識などがある場合には調べながら書きましょう!

Google AdSenseの記事を書く際に気をつけるべきポイント

見やすさ、分かりやすさを意識する

たとえブログの記事が価値のある情報を持っていたとしても、わかりにくい記事だと読者にとって価値のないものになってしまいます。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

・文章は不自然に長すぎないか?
・適度に改行されているか?
・見出しを活用しているか?
・図や画像などを適度に入れているか?
・適度に文字の装飾等が入っているか
・箇条書きでまとめられる文章はないか?

文字数を意識するあまりついつい長い文章になってしまうことが多いです。

しかし、読者はブログの記事を流し読みする傾向にあるので、長すぎる文章は飛ばされてしまいます

読者にとってわかりやすい文章を心がけましょう!

著作権に違反していないか?

Google AdSenseでは法律に違反しているコンテンツは認められません

法律に違反する気は無くても違反しやすいのが著作権です。

著作権は文章や画像も含まれます。そのため他人のブログからの文章を使い回す行為は立派な著作権違反にあたります。

また、商品の紹介などで公式サイトの画像をアップする場合があると思いますが、公式サイトの画像も著作権があります。

ネット上の画像を勝手に使うのはご法度ですので、画像を使用する場合には著作権のない画像や使用を許可されているものを使うようにしましょう!

Google AdSenseの審査で書いてはいけない記事

Google AdSenseでは、書いてはいけないジャンルの記事や表現も存在します。

禁止されている表現を使って記事を書いてしまうと審査に通らないので注意しましょう。

具体的に禁止されている表現については以下が挙げられます。

・性的表現を含む語句
・お酒、タバコ
・差別用語
・誹謗中傷
・過度に下品な表現
・違法薬物、麻薬
・殺人、暴力、犯罪的な表現となるもの
・違法ギャンブル
・いじめ
・暴力団を表した言葉
・法的に違反しているもの
・音楽の歌詞

新しいタブでプレビュー(新しいタブで開く)

上記のジャンルの記事はアクセスが集まりやすいジャンルではありますが、審査に影響してしまうので書かないことをお勧めします。

Google AdSenseで禁止されている表現や禁止ワードについては以下の記事で詳しく解説しています!

あわせて読みたい
Google AdSenseでの禁止ワードや避けるべき表現について
Google AdSenseでの禁止ワードや避けるべき表現についてGoogle AdSenseは規約が厳しく、禁止ワードや避けるべき表現というものがあります。規約を理解せずに記事を書き続けてもGoogle AdSenseの審査には通りません。また、審...

まとめ

今回は、Google AdSenseの審査用に書くべき記事とその書き方について解説しました。

Google AdSenseの審査に通る記事や書き方は審査だけでなく、検索順位を上げるためにも重要なことです。

本記事で解説したことを意識しながら、記事を書くようにしましょう!

お名前
必須
メールアドレス
必須

※スマホのアドレスではなく、GmailやYahooのメールアドレスでご登録ください。
※登録直後に非常識なブログの教科書「爆速ブログアフィリエイト」をお届けします。
※あなたからお預かりしたメールアドレス等のプライバシー情報は厳守致します。
※いつでもメール内のURLから解除できます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる