Google AdSenseの審査に落ちた場合に確認することと類似のクリック課金型広告について

Google AdSenseの審査に通らない

審査に落ちた後に何をすれば良いかわからない

このような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

Google AdSenseの審査に落ちた場合には、落ちた原因をしっかりと分析して、ブログを見直す必要があります。

また、何回も審査に落ちてしまう場合には、他の広告を掲載することも考えた方が良いでしょう。

そこで本記事では、Google AdSenseの審査に落ちた場合に確認すべきことと、Google AdSense以外のクリック課金型広告について解説します!

目次

Google AdSenseの審査に落ちた場合に確認すること

何も考えずにブログを書いているだけでは、Google AdSenseの審査に落ちてしまう可能性があります!

Google AdSenseの審査に落ちたからといって落ち込んだままではいけません。

審査に落ちた場合には、次の申請で合格するために改善を行う必要があります。

Google AdSenseの審査に落ちた場合には、以下のことについて確認しましょう。

審査に落ちた理由について確認する

まず、Google AdSenseの審査に落ちた場合には、どのような理由で落ちたのかを確認しましょう!

Google AdSenseの審査に落ちた場合、その理由について簡単に教えてくれます。

Google AdSenseの審査に落ちる原因で多いのが以下の2つです。

・コンテンツ不足
・ポリシー違反

コンテンツ不足の場合は、ブログの情報量や文字数、記事数が不足している可能性があります

ポリシー違反の場合には、Google AdSenseの規約に違反した記事を執筆している可能性があります

Google AdSenseの審査に落ちた理由別の対処法

Google AdSenseに落ちた原因を分析して、改善を行うことで審査合格に一気に近づきます。

Google AdSenseに落ちた理由別の対処法について、確認していきましょう!

コンテンツ不足の場合

ブログとしての情報量が不足している場合に、コンテンツ不足として不合格になります。

コンテンツ不足で考える原因は以下の2つがあります。

・記事数が不足している
・1記事あたりの文字数が不足している

Google側としては、広告を掲載するのであればたくさん人が訪れるサイトに広告を掲載したいと思うはずです。

そのため、記事数や文字数の少ないサイトは、広告掲載にふさわしくないサイトという理由で審査に落ちることがあります。

Google AdSenseの審査に通るためには、少なくとも10記事以上、1記事あたり1,500文字以上を意識して執筆するようにしましょう。

あわせて読みたい
Google AdSenseの審査に必要な記事数は?
Google AdSenseの審査に必要な記事数は?Google AdSenseの審査では、記事数も重要だと言われています。ブログを書き始めた初心者であれば、まず収益化するためにGoogle AdSenseの審査をいち早く受けたいところ...

ポリシー違反の場合

Googleでは、サイト閲覧者が気持ちよく利用できるように、コンテンツポリシーというものを定めています。

https://support.google.com/groups/answer/4561696?hl=ja

コンテンツポリシーとは、サイト運営のための規約のことです!

コンテンツポリシーに違反してしまうと、もちろんGoogleの規約違反となってしまうので、Google AdSenseの審査に落ちてしまいます。

そのため、ポリシー違反とならないよう、注意してブログを書く必要があります!

ポリシー違反で審査に落ちてしまった方は一度規約をしっかり読んでみることをおすすめします。

Google AdSenseの審査に通りやすくなるコツ

Google AdSenseの審査に通るためのコツを紹介します。

具体的には、以下の点に気をつけましょう。

・オリジナリティのある記事か?
・ユーザーの悩み、疑問を解決できているか?
・文字数、記事数は十分か?
・サイトは見やすいか?
・お問い合わせ、プライバシーポリシーは設置しているか?

上記に注意しながら記事を執筆することで、Google AdSenseの審査に通りやすくなる確率は、格段に上がります。

Google AdSenseの審査に通りやすくなるコツについては、以下の記事を参考にしてみてください!

あわせて読みたい
Google AdSenseの審査に通るコツ
Google AdSenseの審査に通るコツ「Google AdSenseの審査に通る方法がわからない」という方も多いでしょう。Google AdSenseの規約は厳しく、適切なブログ運営をしないと、審査に通らなくなってしまいま...

Google AdSenseの審査でしてはいけないこと

Google AdSenseでは、先ほど説明したポリシー違反のように、してはいけないことがあります。

特に、禁止されているコンテンツを書いてしまうと、審査に通らなくなってしまいますので注意が必要です。

具体的に禁止されているコンテンツは以下が挙げられます。

・性的表現を含む語句
・お酒、タバコ
・差別用語
・誹謗中傷
・過度に下品な表現
・違法薬物、麻薬
・殺人、暴力、犯罪的な表現となるもの
・違法ギャンブル
・いじめ
・暴力団を表した言葉
・法的に違反しているもの
・音楽の歌詞

また、著作権にも注意が必要で、他人のサイトからの文章のコピペ、使い回し、画像の無断使用などは、違反コンテンツとなりますので、気をつけましょう!

Google AdSenseで禁止されているコンテンツについて詳しく知りたい方は以下の記事を見てください!

あわせて読みたい
Google AdSenseでの禁止ワードや避けるべき表現について
Google AdSenseでの禁止ワードや避けるべき表現についてGoogle AdSenseは規約が厳しく、禁止ワードや避けるべき表現というものがあります。規約を理解せずに記事を書き続けてもGoogle AdSenseの審査には通りません。また、審...

Google AdSense以外でおすすめのクリック課金型広告

「Google AdSenseの審査に中々通らない」という悩みを持っている方も多いと思います。

どうしてもブログを収益化したい場合には、Google AdSenseの審査に通るまで他のクリック課金型広告を利用するという方法があります。

ここでは、Google AdSense以外でおすすめのクリック課金型広告について、解説していきます。

nend

nendはスマートフォン専用のクリック課金型広告サービスです。

大手アフィリエイトサイトのA8.netが運営している会社がnendのサービスを提供しています。

Google AdSense以外のクリック課金型広告の中では比較的報酬が高いというのがメリットで、審査はありますが、比較的通りやすいのが特徴です。

nendの広告はスマートフォン専用なので、パソコンでサイトを見た場合には表示されませんが、最近ではスマホで記事を見る方が多くなっているのでそこまで問題はないでしょう。

https://nend.net

忍者Admax

忍者Admaxは審査不要で広告を掲載できるクリック課金型広告サービスです!

審査が不要なので、誰でも即座に広告を掲載することができます。

しかし、クリック単価があまり高くないというデメリットもあります。

ブログを始めたばかりの人や、他のクリック課金型広告の審査が通るまでのつなぎとして利用するのがおすすめです。

https://admax.shinobi.jp

i-mobile

I-mobileは比較的審査に通りやすいクリック課金型広告サービスです。

Google AdSenseでは禁止されているジャンルのコンテンツでも掲載が可能なため、Google AdSenseを利用できない方に人気の広告サービスとなっています

1クリックあたりの報酬単価はGoogle AdSenseと、クリック課金型広告の中では高いので、Google AdSenseの審査が通るまでこちらを利用してみるのもおすすめです。

https://adpf-info.i-mobile.co.jp

まとめ

今回は、Google AdSenseの審査に落ちた場合に確認することと、Google AdSense以外のクリック課金型広告について解説しました。

Google AdSenseはクリック課金型広告の中では審査が厳しい傾向にあるので、中々通らないという方も多いと思います。

他の広告も利用しながら、最終的にはGoogle AdSenseの広告を掲載することを目標にブログ運営していきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる